いけばな習作

小さないけばな

小さくかわいらしく扱うと似合う植物もあります。そんな植物を使って、小さくかわいらしい作品をいけてみました。ちょっとした場所に飾れますね。

いけばな習作

水辺の風景を表現したいけばな

口の広い器を使って水辺の風景を表現したいけばなです。株を二つに分けることで、水面を目一杯使っています。二つの株の間を魚が通る道と見立てて、「魚道生け」という名が …

花展など

夏のいけばな展のお知らせ

このたび僕の教室でいけばな展を実施することとなりました。 燕子花や蓮など夏の草花を中心に爽やかないけばなを十数点展示します。暑い夏に静かな空間で花を愛で、ひとと …

いけばな習作

自然に生育している姿とは違う見方

佐々木先生の自由花研究室にて制作した作品です。植物を違う角度から見ると思わぬ美しさを発見することがあります。この作品では蓮の葉を裏から見て、その葉脈の美しさに感 …

いけばな習作

もうすぐ夏

僕は夏が大好きです。もうすぐ夏が来ると思うとワクワクします。春から初夏への移りを表現しました。

雑録

ひよこ鑑定士といけばな

アメリカにもいけばなが好きな方がいます。僕は今アメリカ各地を回って、そういう方々へ向けて講習を行なっています。今日はボルチモアで講習でした。この作品はその際にデ …

いけばな習作

いけばなの名人になりたい

僕はいけばなの名人になりたいのです。そのためにはたくさん稽古して、たくさん恋をして、たくさん遊ぶことが必要だと思います。 祖父君が大先生だった僕のいけばな友達は …

いけばな習作

蓮の思い出

昨日見に行った蓮の印象を元に制作しました。

いけばな習作

自作の花器にいけた自由花

爽やかな雰囲気を狙いました。 この花器は僕がデザインして作ってもらった花器です。親しくしていただいている京都の清水焼の釜「小林正明」さんのところで焼いてもらいま …

いけばな習作

友人と花を立てる

友人と一緒に花を立てました。それぞれ、特にお互いの花について何を言うわけでもなく黙々と立てます。けれども一緒に誰かがいるというだけで寂しさが紛れていいですね。

いけばな習作

ベル鉄線のなびく姿

ベル鉄線を生花にいけました。ベル鉄線はなびく姿なので、それを活かすために背の高い花器を使いました。 通常の置き生け(下に器を置いて生ける方法)の生花は上に立ちの …

いけばな習作

池坊中央研修学院 古川立花研究室 第二期4日目

今の感情、いままでやってきたこと、そういったものを全部込めて立てました。素敵な花が立ちました。何かしらの片鱗を見せられたのではないでしょうか。 池坊中央研修学院 …

いけばな習作

池坊中央研修学院 専門B第二期2日目

今日は直真(すぐしん)の立花です。今はほとんどが除真(のきじん)と言って、真が左右どちらかに中心を外れて出る形がほとんどですが、真をまっすぐ中心に立てる形です。 …

Scroll Up