雑録

六義園

六義園へ花見に行きました。名物の枝垂れ桜はもう散りかけでしたが、それでも見事でした。こじんまりとした園内をのんびりと散歩して楽しかったです。

いけばな習作

春爛漫

春爛漫です。ラナンキュラスってかわいいですよね。

いけばな習作

のどか

真っ赤なグロリオサと淡い桜との対照が見所です。スチールグラスをなびかせて大きな空間をとり、春ののどかな雰囲気を表現しました。

雑録

桜が咲きはじめた

桜が咲きはじめましたね。まだ二分咲きといったところでしょうか。来週の土日は見頃になりそうです。今から楽しみです。

いけばな習作

躍動感

連翹の特徴である垂れる枝を見せていけてみました。春になり命が勢いよく動いている雰囲気が出ているといいのですが。 『生花別伝』の中段流枝というスタイルになります。

いけばな習作

春といえば黄色

春って黄色い花が多いような気がします。気温でも色でも心を明るくしてくれる季節ですね。

雑録

高輪ゲートウェイ駅

今日開業した高輪ゲートウェイ駅に行ってきました。明かりが柔らかく綺麗でした。

いけばな習作

上巳

今日は上巳の節句ですね。そんなわけで桃を生けてみました。一口に桃と言っても一本一本その枝振りが違います。それぞれの枝の姿をよく見て、それをいかすわけです。

いけばな習作

山茱萸

山茱萸って読めますか。「さんしゅゆ」と読みます。これからの季節によくいけばなで使われます。かさかさした木肌がどこか侘びた感じをかもしだします。控えめな黄色い小花 …

雑録

春はもうそこまで来ている

仕事の打ち合わせで八王子にある長沼公園に行ってきました。まだ寒く、景色も一見冬枯れの様相ですが、よくよく見るとちらほらと花を咲かせている植物もあります。春はもう …

いけばな習作

水仙の生花

水仙の生花は2本又は3本で生けることになっています。それぞれ本勝手と逆勝手があるので、計4通りの生け方があるわけです。そろそろ水仙の時期も終わりです。名残を惜し …

いけばな習作

おめでたい花

おめでたい花とされている万年青の生花です。

いけばな習作

梅は梅らしく

いけばなの中の「生花(しょうか)」という様式では「出生(しゅっしょう)」ということを大切にします。出生とは一言でいうと「らしさ」のことです。伝統的な生花には型が …

いけばな習作

自己ベスト

『新撰瓶花図彙』より高田安立坊雲泰さんの作品を参考に立てました。数ある水仙一色の絵図の中でこの作品が一番好きです。毎年この絵図を模写しています。 昨年よりも上達 …

いけばな習作

好きな花

水仙は大好きな花の1つです。この季節はたくさん水仙がいけられて楽しいです。今日で仕事納めです。数日暇なのでひとりで花をいけます。

雑録

文豪達の交わり

僕は今、北へ向かう列車に揺られながら永井荷風さんの『断腸亭日乗』を読んでいます。その中には名だたる文豪との交わりの場面が出てきます。 谷崎潤一郎氏来訪。その著『 …

いけばな習作

躍動するバラ

勢いあるバラの動きを捉えた立花新風体です。

雑録

牛の角突き

長岡の山古志村で行われている闘牛を見に行きました。「牛の角突き」と呼ばれています。 山古志の闘牛は大切な働き手である牛を傷つけないように白黒を付けず最後は引き分 …

雑録

鉄瓶と急須

前々から欲しかった南部鉄器の鉄瓶と急須を買いました。美しいです。これでお湯を沸かしたりお茶を飲むのが楽しくなりそうです。

雑録

国東半島

国東半島でこの夏最後の海を堪能しました。海が好きです。

いけばな習作

小さないけばな

小さくかわいらしく扱うと似合う植物もあります。そんな植物を使って、小さくかわいらしい作品をいけてみました。ちょっとした場所に飾れますね。

いけばな習作

水辺の風景を表現したいけばな

口の広い器を使って水辺の風景を表現したいけばなです。株を二つに分けることで、水面を目一杯使っています。二つの株の間を魚が通る道と見立てて、「魚道生け」という名が …

花展など

夏のいけばな展のお知らせ

このたび僕の教室でいけばな展を実施することとなりました。 燕子花や蓮など夏の草花を中心に爽やかないけばなを十数点展示します。暑い夏に静かな空間で花を愛で、ひとと …

いけばな習作

自然に生育している姿とは違う見方

佐々木先生の自由花研究室にて制作した作品です。植物を違う角度から見ると思わぬ美しさを発見することがあります。この作品では蓮の葉を裏から見て、その葉脈の美しさに感 …

雑録

りんご

迷う(・_・) 結局これにしました。 うまかったです。新青森駅にあった自動販売機です。

いけばな習作

もうすぐ夏

僕は夏が大好きです。もうすぐ夏が来ると思うとワクワクします。春から初夏への移りを表現しました。

花展など

量の迫力

2019年池坊中央研修学院祭、佐々木先生の自由花研究室で出瓶した作品です。 スイートピーが150本ぐらい入っています。ある程度の量があると迫力が出ますね。前々か …

雑録

目黒川の桜

目黒川の桜が見頃です。稽古場から近いので毎日のように見に行っています。今日は晴れていて気持ちがよかったです。実に長閑です。 満開の桜や色づく山の紅葉をこの先いっ …

Scroll Up