花園決勝

2011年1月8日

東福岡31-31桐蔭学園

劇的な幕切れでした。最初の5分を見る限り、東福岡の快勝を予感しましたが、桐蔭は恐ろしいチームでした。

竹中、松島の両選手は別格で、まるで簡単なことのようにトライを獲ります。そこばかり目立ちますが、東福岡にくらべ劣勢かと見えたFWが大奮闘です。素早い集散で前半に限れば密集戦を圧倒していました。

後半は一転して勝負に徹した東福岡が、力攻めに転じます。偉かったのは、貫き通したことでしょう。最大で21点も差をつけられ、時間を考えてどうしても一発でとりたくなるものですが、我慢して、FWで縦を突き続けました。まさか追いつけるなんて―。

いいものを見せてもらいました。面白かった。

東福岡の藤田選手、いい選手ですね。来年が楽しみです。

Scroll Up