vs帝京

早稲田33-14帝京

見事快勝です。FWでしつこく縦を突かれて先制されたときは去年の二の舞かと心配しましたが、あわてずしっかりと自分達のラグビーを貫きました。点を取られても慌てるそぶりがなく、頼もしく感じました。

今年はとにかく走り勝つということでしょう。個々に素晴らしいランナーが揃っていて、それぞれが積極的に仕掛けて持ち味を出しました。個の能力を発揮するための組織での崩しもお見事です。多彩なサインプレーを駆使して相手DFを翻弄していました。

特に目を惹いたことをひとつ。人のいるところに走って、引き付けてすれ違いざまにパスというプレーが多く見られました。ぎりぎりのところでやっているのでミスもありますが、さらに精度を高めていけば強力な武器になるでしょう。

前回の公式サイトの辻監督のコメントで、山中選手は上手くなろうという意思があるからキッカーをまかせているとありました。正直なところ、山中選手はコンバージョンはそんなに上手な印象はなかったので、他の選手に蹴らせるべきではないかと思っていましたが、そのコメントを読んでなるほどなと思ったものです。そして、今日はその期待にきっぱり応えてくれました。4/5の成功率は立派です。難しい角度からも決めていました。この調子で技術を磨いて欲しいですね。

昨年敗戦の時にグランドに立てなかった有田選手、田辺選手がいて勝ったというのは嬉しいですね。雪辱を果たしました。

早稲田大学ラグビー蹴球部
http://www.wasedarugby.com/

Scroll Up