対決-巨匠たちの日本美術

休日は混むので嫌なのですが、いつか見に行こうと思ったままついに最終日を迎え、仕方なく日曜日にもかかわらずでかけました。案の定混んでいて、あまりゆっくり見られませんでした。まあ、そんな中でもいくつか気に入ったものがあってよかったです。

風神雷神図というのは日本史の教科書で見た記憶がありますが、宗達のものと光琳のものがあるとは知りませんでした。この企画のお陰でそれを知り、さらに見分けられるようになりました。僕は宗達の方が好きでした。

常設展で仏像を見て、そちらは空いていて、ちょっと気分が盛り上がりましたが、そもそもちょっと疲れていたようで、なんとなく上滑りなまま上野を後にしました。

Scroll Up