さようなら

2010年4月25日

歌舞伎座もいよいよ今月で最後です。ずっと続いてきたさよなら公演もこれでいよいよ最後、本当のさよならです。最後に大好きな助六を見てきました。

最後だからなのか配役も豪華です。海老蔵の口上で始まり、助六はもちろん團十朗、揚巻に玉三郎、そこに仁左衛門や菊五郎、福助が絡み、そして極めつけは通人を勘三朗が勤めます。そんな中、意休はやっぱり左團次です。とにかく最後ですからお祭り騒ぎです。衣装も舞台も台詞も派手で最後を飾るのに相応しい狂言だったと思います。さようなら。