日本代表vsトンガ

2008年6月15日

会心の勝利です。僕は日本代表を熱心に見始めて日が浅いのですが、その中では一番の試合だと思います。素晴らしい戦いぶりでした。

大好きな小野澤選手は絶好調です。以前にも増して切れ味鋭いステップで魅せてくれます。そして、以前は大きくゲインしても相手に捕まると、そこでボールを失うこともあったのですが、今日はそれがまったくありませんでした。力がついたのと、体の使い方がうまくなったのでしょう。また、ポジショニングが非常にいいように感じます。トライをとった場面を始め、ここぞというときにいい場所でボールを貰っていました。ディフェンスでもターンオーバーや決定的な場面をふさいだりと大活躍でした。TVの解説でも絶賛されていましたね。

それから、ショーン・ウェブ選手を初めて見ましたが、とてもいい選手ですね。非常に安定感があります。重圧を受けたときに正確なキックを蹴られるのがいいです。それから、見た目は細めですが力も強いです。敵陣インゴールで相手を捕まえたプレーは見事でした。独走トライも決めましたし、小野澤選手と並んで目に付きました。

もちろんこの二名だけでなく、全員が最後までよく動きました。激しく、そして速く、集中していました。テストマッチで格上にこれだけの試合をできたことは大きな自信となるでしょう。来週は国立なので観戦に行きます。W杯の雪辱をぜひ果たしてほしいものです。