早明戦

今日は山中選手が爆発しましたね。長く早いパスを放れるため、外への展開が早く、BKラインで大幅にゲインする場面が何度も見られました。また自らもキックフェイントやステップで相手を華麗に翻弄し抜き去ります。外へ展開か自分で行くかの判断が非常によく、BKにボールがでると悉く効果的な攻撃となっていました。後半陣地が換わって相手が日差しを正面に受ける位置になると、前半は自陣での密集からのボールは殆ど確実にタッチに蹴りだしていたのをハイパントに切り替えたのも見事です。さらに相手のキック処理に難があると見ると、畳み掛けるように執拗にそこを狙い続け何度も好機を生み出しました。全てにおいて質の高いプレーを見せる様は天晴れです。

言うまでもないことですが、これだけのびのびとプレーできたのは、ひとえにFW陣の奮戦のお陰でしょう。明治の重戦車に一歩も怯むことなく、互角以上に渡り合いました。セットも安定し、密集からの球出しも非常に早かったです。SHの三井選手の密集への寄りの早さも見事でした。頼もしいFWに支えられ、必殺のBKで仕留めるという理想の展開で、早稲田ファンにとっては会心の試合だったと思います。

ただ、圧勝に酔いしれる中でも、どちらが勝つか最後までわからない痺れる様な早明戦を見たいという思いもあります。重戦車復活はいつのことになるのやら。

さて、対抗戦も終わりいよいよ大学選手権です。今年の最大の使命はなんといっても覇権奪回です。関東はいなくなりましたが、余計なことは考えず「荒ぶる」を歌うために一直線に進むのみです。

早稲田大学ラグビー蹴球部
http://www.wasedarugby.com/

Scroll Up