驚愕

僕は時々読んだことを忘れて同じ本をもう一度手に取ることがあります。大抵は途中でなんとなく読んだことがあることに気がつくのですが、時々読み終わるまでまったく気がつかないことがあります。今回も5年前に読んだらしい本を、そうとは全く知らずに新鮮に読みました。なぜそんなことがわかるかというと「ブクログ」というWEBサービスを利用して読んだ本を記録しているからです。読み終えて記録をしようとしたことろ、既に登録されていて、ああ昔読んだことがあったのかと判明した次第です。

実は過去にもこういうことは何度かあったのですが、その時はそう言われると一度読んだ気がするなあと、朧げながらも過去の記憶が蘇ったものです。ところが今回は記録には残っていても全く記憶に残っておらず、過去にそれを読んだことがあるとは俄かに信じられません。それくらい綺麗さっぱり中身を忘れているわけです。たかだか5年前に読んだ本を、それが読んだことがあるものなのかどうかの判別もできないくらい綺麗に忘れることができる僕の頭はどうなっているのかしらんと驚愕の念にかられます。

カテゴリー

Scroll Up