祝、ソフトバンクホークス日本一

2014年10月30日

秋山監督最後の胴上げを地元福岡ですることができました。

秋山監督就任の年に入団した摂津投手、最初は抑えとして、3年目からは先発に転向し絶対的なエースとしてチームを支えてきました。今シーズンは調子が上がらず、特に直前のCSでは大量失点を喫しており不安視する声も多い中での当番でした。ところがどっこい、ここ一番の大舞台で本領発揮、6回を無失点に抑え先発の役目をきっちり果たしました。

得点の場面も柳田選手、内川選手と打つべき人が打ち、選手会長の松田選手が値千金の適時打、役者がしっかり仕事をしました。

日本一って何度見てもやっぱり嬉しいもんですね。

秋山監督本当に6年間お疲れ様でした。戦力的に優勝して当たり前という声もありますが、きちんと結果を出すという事は素晴らしいことですし、なかなか出来ることではありません。リーグ優勝3回、日本一2回は立派です。名将の仲間入りですね。重圧もすごかったと思いますが、最後に日本一という最高の結果で終える事ができてほっとしているのではないでしょうか。しばらくはゆっくり休んでください。

それにしても大和選手の守備、敵ながらあっぱれです。これぞプロの芸という風でとても気持ちがいいですね。

Scroll Up