『またたび浴びたタマ』より

2013年1月30日

村上春樹さんの回文尽くしの本『またたび浴びたタマ』より気にいった物を3つほどご紹介しましょう。

うらわでまいたはははとはははたいまでわらう

浦和で蒔いた、ははは、と母は大麻で笑う

大麻を吸うとやたら笑い上戸になる人がいますが、おたくのお母さんもそうだったんだ。しかし浦和だろうが、高崎だろうが、大麻なんて蒔いちゃいけないですよね。見つかったら大麻取締法違反で即、埼玉県警に逮捕されます。見つからなければいい……という問題じゃないですよ、それは。いずれにせよ、かなりやばいお母さんですね。
いや、母親はまだましだよ、おやじは覚醒剤、兄貴はアル中で、俺はアンディー・ウィリアムズのファンだものな。
そうなんですか。うーん、弱りましたね。まあ、がんばって生き延びてください。

『またたび浴びたタマ』

ページをめくると漢字かな混じりで句読点も打ってある回文と、それに添えられた短い文章が載っている仕掛けの本なのです。ひらがなだけでは何のことかさっぱりわかりませんでした。とぼけた雰囲気が素敵ですね。

ええがたがええ

A型がええ

娘「ねえお父さん、わたしこんど結婚しようと思うんだけどさ、二人候補がいて、どっちがいいかすごい迷ってるんだ。石井君はさ、血液型がB型で、ハンサムで背が高くて、話も面白いんだけど、ちょっと調子いいやつなんだよね。車のセールスマンやってて、けっこー収入もあるんだけど、それ以上に金遣いが荒くて、もろローン漬けだしさ。それにくらべて土橋君は信用金庫に勤めてて、まじめでいいやつなんだけどさ、脚が超短くて、血液型はA型で、顔もじみいっで、無口で、酒煙草ぜんぜんやらない。早寝早起き。おまけに包茎なんだよ。ねえ、結婚するとしたらどっちがいいと思う、ねえ、お父さん?」
「……A型がええ」
当然ですね。ちなみに僕もA型です。

『またたび浴びたタマ』

これはビシッと決まりました。親父が一言「……A型がええ」、渋い味わいがありますね。ちなみに僕はAB型です。

よめのふぎにりかいがいかりにぎふのめよ

よだのるすにするのだよ

嫁の不義に、理解が怒りに、義父の目よ

ヨーダの留守にするのだよ

二連発です。かなり長い話なんですが、このお嫁さんの義父は実はヨーダなんです。けっこう遊び人の嫁なので、送り出す実家のお母さんも心配して、「お前ね、浮気をするのはいいけど、お義父さんのヨーダさんが近辺にいるときは、やっちゃだめだよ。なにせ勘のいい人だからね」とか、入れ知恵するわけです(ひどい実家だ)。それで嫁は、母親の忠告をまもって、ヨーダがほかの銀河系に出張しているときにだけ浮気をしていました。しかしあるとき、ちょっとまちがえてヨーダがまだその辺にいるときにやっちゃったんだ。ヨーダは怒りましたよ。「これまでは良い嫁だと思って私なりにかばってきたが、もう頭にきたぞ!」とかんかんです。目だってぎらぎらしている。
これが『スター・ウォーズ エピソード6』のあらすじです……というのは真っ赤な嘘です。当たり前だけど。

『またたび浴びたタマ』

これは大長編スペクタクル回文です。よくこんなの思いつきますね。すごいな。