大学選手権2回戦

今日は注目の対戦が目白押しです。秩父宮ではまずは慶應と東海が激突です。前評判ではリーグ戦1位、関東にも肉薄した東海有利でしたが、慶應が気持ちの入った戦いで見事に勝利を収めました。

慶應はFW陣は圧倒されていましたが、それでも挫けることなく勤勉に仕事をし続けました。密集から何度もターンオーバーを許してはいましたが、ひたむきに集散を繰り返します。そして圧巻は低く突き刺さるタックルです。「魂のタックル」の名は伊達じゃないですね。前半、後半それぞれ1回づつ、ゴールラインを背に10分近くに渡ってタックルを浴びせ続け遂に凌ぎきりました。最後まで集中が切れなかったのは見事です。BK陣も素晴らしかったです。

山田選手にばかり注目が集まりますが、CTBの所で何度もラインブレイクしていました。角度をつけた走り込みや、ブラインドサイドからのWTBのライン参加、ギリギリまでパスを放らずにタックルを受ける瞬間にパスを出す等、よく工夫されたプレーで大きくゲインしていました。

それからFBの小田選手のキックが良かったです。もの凄く飛距離があるわけでは無いのですが、確実に陣地を戻していました。特に前半はFWが劣勢だった中で自陣に張り付かずに済んだのは彼のキックのお陰だと思います。早慶戦の時とは見違えるように魅力的なチームになりました。6年ぶりの国立だそうです。次の明治との戦いが楽しみです。ひょっとすると―。

さて、2試合目はお待ち兼ねの早稲田の登場です。朝は雨が降っていて、出かけるのを躊躇していたぐらいですが、このころにはすっかり晴れ、寒さも凌ぎやすくなりました。

今日はFW様々、特に畠山選手が魅せてくれました。いきなりのスクラムトライから始まり、再三モールを押し込んでトライ、そしてなんとラックからするりと抜け出し、50メートル独走トライです。タックルを華麗なジャンプでかわして、DFと一緒に靴まで置き去りにして走りきりました。得意のジャッカルも何度も披露してくれました。スター性十分です。

BKはピリッとしませんでしたが、最後に山中―早田ホットラインで1トライ、あのパスとそこにぴたりと走りこんだ早田選手、どちらもお見事です。得点は伸びませんでしたが、終始試合を支配しての危なげない勝利でした。

【2回戦その他の結果】
明治29-0京産大
帝京46-8筑波
明治は2試合連続完封です。早明戦での大敗をばねに見事に建て直しました。なんと9年ぶりの正月越えだそうです。筑波は残念ながら力尽きました。

【準決勝組み合わせ】
明治-慶應
早稲田-帝京
春、対抗戦と2度引き分けた慶明の再戦です。昨日の慶應は強かったです。明治は試合を見ていませんが、2試合連続で完封した力は本物でしょう。どちらが勝つか全く予想できません。とても楽しみな対戦となりました。早稲田は今日の試合を見る限り磐石でしょう。

早稲田大学ラグビー蹴球部
http://www.wasedarugby.com/

訃報

20091013_1095362 20091013_1095363

8年間苦楽を共にしてきた我が携帯がとうとう天寿を全うしました。随分がたが来ていて、特にこの1ヶ月は様々な故障を訴え、それでもだましだましやってきましたが、この度遂に永眠することとなりました。思い入れがありすぎて、使えなくなってしまうのは大変残念ですが、人にも機械にも寿命というものがあります。仕方の無いことです。長い間ご苦労様でした。

せめてもの弔いにと、ストラップと電池カバーだけは受け継ぎました。

サントリーサンゴリアスvs三洋電機ワイルドナイツ

今季ここまで全勝のワイルドナイツとの対戦ということで、少し遠かったですが太田まで見に行きました。片道三時間弱、ちょっとした旅行です。

もちろん勝つところを見に行ったのですが、残念ながら24-35で負けました。これで負けたというのがはっきりあるわけではなく、勝てそうで勝てなかった感じがします。トニーブラウンのキックは確かに見事の一言で、それによって奪われたトライもいくつかありましたが、それだけにやられたという訳でもないように思います。スクラム、ラインアウトは勝っていたと思います。ブレイクダウンは互角、バックスの決定力も劣ってはいませんでした。最後まで勝てるんじゃないかと思いながら見ていました。うーん、悔しい。帰路はとても長く感じました。

大学選手権1回戦 早稲田vs中央

まず、中央の予想以上の好タックルと激しさにおどろきました。それでも早稲田はそれを上回る激しさを見せないといけません。基本的には優位でも、接点を圧倒的に支配したとは言い切れないと思います。あろうことかラックからターンオーバーも許してしまいました。反則が多かったのも気になります。激しくやろうとして気ばかりが焦って空回りしているように見えました。疲れが溜まっているのかも知れません。全体的に少し体が重そうにも見えました。選手権ですので結果が第一で、そういう意味では最低限のことはしたのですが、内容は満足できるものではありませんでした。今はまだいいのですが、これから相手がだんだん強くなります。決勝に調子の山をもっていけるような調整をしっかりとして欲しいものです。

苦言を呈しましたが、スクラムは圧巻でした。相手ボールスクラムでは、悉く相手をめくり上げ、文字通り粉砕していました。お見事。

【1回戦その他の結果】
東海60-12関西
大体大5-72慶應
明治43-0大東文化
福大5-43京産大
同志社20-25筑波
帝京52-19拓殖
法政41-14立命館

筑波が勝ちましたね。やはり今年の筑波はあなどれません。結果が張り出された掲示板の前ではどよめきが起こっていました。もう一つ注目の拓殖は残念ながら番狂わせは演じられませんでした。試合は見ていませんが帝京のFWが仕事をしたのでしょう。他はほぼ順当ですね。慶應が大差で勝っています。調子を上げてきたのでしょうか。明治の完封勝ちもいい兆候ですね。

【2回戦組み合わせ】
東海-慶應
明治-京産大
筑波-帝京
法政-早稲田

帝京を除いて予想通りの顔ぶれです。勝ち上がりは慶應、明治、筑波、早稲田と予想(希望)します。そうなると対抗戦ばかりだと文句を言われるかも知れませんが……。

早稲田大学ラグビー蹴球部
http://www.wasedarugby.com/

信濃路紅葉鬼揃

幕見で「信濃路紅葉鬼揃」を観劇してきました。玉三郎と聞いていてもたってもいられなくなったのです。

昨年シネマ歌舞伎で「鷺娘」を見て以来、是非生の舞台を見たいと思っていた人なのです。舞台は期待通り美しいものでした。玉三郎丈の動きは見事の一言で、うっとりと見入ってしまいます。また全体の調和も見事でした。舞台上の人物の動作、配置、配色など緻密に練られているのだろうと感じました。

惜しむらくはもっと近くで見たかったということです。宝くじでも当たらないか知らん。

それから、なにか似たようなものを見たことがあるなあと思っていたら、能の「紅葉狩」を下敷きにしたものだったんですね。確か一昨年ぐらいに海老蔵の「紅葉狩」(こちらも能の「紅葉狩」を歌舞伎化したもので、題目はそのまま)を見ました。筋は大体同じですが、特に後半部の演出ががらりと変えてあります。それぞれに楽しかったのですが、私は今回の「信濃路紅葉鬼揃」の前半部分の張り詰めた美しさが忘れられそうもありません。