歌舞伎座新開場 葺落四月大歌舞伎

あれからもう3年も経つんですね。歌舞伎座のこけら落とし公演に行ってきました。

演目は

『弁天娘女男白浪』

『忍夜恋曲者』

の2つです。

『弁天娘女男白浪』は多分一度見たことがあるのですが、その時はあまりピンと来なかったような記憶があります。今回改めて見て、とても楽しめました。意外と筋が入ってくるものですね。菊五郎さんがとても素敵です。なんというか全体的に柄が大きく鷹揚で、僕の考える歌舞伎の雰囲気にぴったりです。大好きな玉三郎丈を目当てに行ったのですが、こちらの方が印象に残りました。

もちろん玉三郎さんもよかったですよ。特に出の部分、なんとも妖艶で、うっとりしました。

池坊中央研修学院 古川立花研究室 第一期3日目

立花新風体 イタヤカエデ、イオノプシス、アンスリウム・プレビア、ミニアンスリウム、柳葉ユーカリ、クロトン
立花新風体
イタヤカエデ、イオノプシス、アンスリウム・プレビア、ミニアンスリウム、柳葉ユーカリ、クロトン

 

僕は花にむらがあります。少し気を抜くとたちまちくだらない花をいけてしまいます。型の無い新風体の場合それがよりはっきり出やすいのです。一作一作より集中して、心をこめて花と向き合うというのがこの1年の僕のテーマです。

イタヤカエデの青々とした美しい葉と、そこから顔を覗かせる何とも言えない色合のイオノプシスとの出会いが主題の新風体です。花材の種類をできるだけ少なくし、明確な表現を心がけるというのも最近僕が取り組んでいることです。

狙いとする部分をはっきり見せようと、柳葉ユーカリを控えめに短く使っていましたが、手直しで向かって左に大きく振り出していただきました。主題が壊れるどころか、却って雰囲気が高まりました。こういう扱いをものにしたいです。

池坊中央研修学院
http://www.ikenobo.jp/kensyu/

池坊中央研修学院 古川立花研究室 第一期 2日目

立花正風体 ミモザアカシア、パンジー、オクロレウカ、胡蝶蘭、シキミア、黒柳、若松、アンスリウム
立花正風体
ミモザアカシア、パンジー、オクロレウカ、胡蝶蘭、シキミア、黒柳、若松、アンスリウム

ミモザアカシアの動きに惹かれて立てた作品です。素直に上に伸びる姿と、弾むように曲がった姿とがあり、それを真と副に配して、お互いが働き合いながら伸びていく様を見せ場としました。請にはミモザアカシアの黄色と補色となる紫の鮮やかなパンジーを配しています。

手直しで控えに黒柳を大きく入れていただき、作品がぐっと力強くなりました。もっと大胆に挑戦しようと改めて感じました。

池坊中央研修学院
http://www.ikenobo.jp/kensyu/

中研 特別科 第四期

初日

立花新風体 スイートピー、カラテア、紅梅、ミスカンサス、ヘレコニア、ゴールデンスティック
立花新風体
スイートピー、カラテア、紅梅、ミスカンサス、ヘレコニア、ゴールデンスティック

スイートピーの春らしい雰囲気の色合いに惹かれ、バックにカラテアをあしらいました。明確に、簡素にということを心がけて立てています。

3日目

自由花 夾竹桃、スイートピー、パンジー、ミスカンサス
自由花
夾竹桃、スイートピー、パンジー、ミスカンサス

夾竹桃の姿と色合いに惹かれ、そこにスイートピーを重ねるように構成してみました。あまり反応が良くなかった気がしますが、自分としては割と気に入っています。

4日目 試作展

立花新風体 リューココリーネ、アンスリウム、ミスカンサス、シーグレープ、都忘れ、夾竹桃、グロリオサ
立花新風体
リューココリーネ、アンスリウム、ミスカンサス、シーグレープ、都忘れ、夾竹桃、グロリオサ

いよいよ最後の試作展です。勇気を振り絞って、明確に簡素にという事を貫きました。今の自分にできる精一杯は出せたのではないかと思います。

5日目 卒業式

遂に卒業です。沢山の出会いがあり、多くのことを学びました。とにかく楽しかったなあ。

8年前に中央研修学院の門を叩いて、教養科A、教養科Bは土日コースでそれぞれ2年かけて修了、そこから2年お休みし、専門科B、特別科を平日1年制コースで通い今日を迎えました。長いようであっという間でした。

全4課程でたちばな賞をいただけたことは自信になりましたし、けれどもトップは一度もとれなかったことで、もっと腕を磨かないとなと励まされもしました。

得る物が多すぎて語り尽くせませんが、全国にいけばなが大好きな仲間が沢山できた事が一番の宝物です。実に実に充実した時間でした。ああ楽しかった。

『またたび浴びたタマ』より

村上春樹さんの回文尽くしの本『またたび浴びたタマ』より気にいった物を3つほどご紹介しましょう。

うらわでまいたはははとはははたいまでわらう

浦和で蒔いた、ははは、と母は大麻で笑う

大麻を吸うとやたら笑い上戸になる人がいますが、おたくのお母さんもそうだったんだ。しかし浦和だろうが、高崎だろうが、大麻なんて蒔いちゃいけないですよね。見つかったら大麻取締法違反で即、埼玉県警に逮捕されます。見つからなければいい……という問題じゃないですよ、それは。いずれにせよ、かなりやばいお母さんですね。
いや、母親はまだましだよ、おやじは覚醒剤、兄貴はアル中で、俺はアンディー・ウィリアムズのファンだものな。
そうなんですか。うーん、弱りましたね。まあ、がんばって生き延びてください。

『またたび浴びたタマ』

ページをめくると漢字かな混じりで句読点も打ってある回文と、それに添えられた短い文章が載っている仕掛けの本なのです。ひらがなだけでは何のことかさっぱりわかりませんでした。とぼけた雰囲気が素敵ですね。

ええがたがええ

A型がええ

娘「ねえお父さん、わたしこんど結婚しようと思うんだけどさ、二人候補がいて、どっちがいいかすごい迷ってるんだ。石井君はさ、血液型がB型で、ハンサムで背が高くて、話も面白いんだけど、ちょっと調子いいやつなんだよね。車のセールスマンやってて、けっこー収入もあるんだけど、それ以上に金遣いが荒くて、もろローン漬けだしさ。それにくらべて土橋君は信用金庫に勤めてて、まじめでいいやつなんだけどさ、脚が超短くて、血液型はA型で、顔もじみいっで、無口で、酒煙草ぜんぜんやらない。早寝早起き。おまけに包茎なんだよ。ねえ、結婚するとしたらどっちがいいと思う、ねえ、お父さん?」
「……A型がええ」
当然ですね。ちなみに僕もA型です。

『またたび浴びたタマ』

これはビシッと決まりました。親父が一言「……A型がええ」、渋い味わいがありますね。ちなみに僕はAB型です。

よめのふぎにりかいがいかりにぎふのめよ

よだのるすにするのだよ

嫁の不義に、理解が怒りに、義父の目よ

ヨーダの留守にするのだよ

二連発です。かなり長い話なんですが、このお嫁さんの義父は実はヨーダなんです。けっこう遊び人の嫁なので、送り出す実家のお母さんも心配して、「お前ね、浮気をするのはいいけど、お義父さんのヨーダさんが近辺にいるときは、やっちゃだめだよ。なにせ勘のいい人だからね」とか、入れ知恵するわけです(ひどい実家だ)。それで嫁は、母親の忠告をまもって、ヨーダがほかの銀河系に出張しているときにだけ浮気をしていました。しかしあるとき、ちょっとまちがえてヨーダがまだその辺にいるときにやっちゃったんだ。ヨーダは怒りましたよ。「これまでは良い嫁だと思って私なりにかばってきたが、もう頭にきたぞ!」とかんかんです。目だってぎらぎらしている。
これが『スター・ウォーズ エピソード6』のあらすじです……というのは真っ赤な嘘です。当たり前だけど。

『またたび浴びたタマ』

これは大長編スペクタクル回文です。よくこんなの思いつきますね。すごいな。