いけばなの名人になりたい

生花正風体 燕子花
生花正風体
燕子花

僕はいけばなの名人になりたいのです。そのためにはたくさん稽古して、たくさん恋をして、たくさん遊ぶことが必要だと思います。

祖父君が大先生だった僕のいけばな友達は、幼い頃お祖父様のいけた燕子花を見て泣いたことがあるそうです。僕もそんな風に見る人の心を震わせるような花がいけてみたいです。

今の蓮

立花正風体 蓮、ふとい、河骨
立花正風体
蓮、ふとい、河骨
立花正風体 蓮、ふとい、河骨
立花正風体
蓮、ふとい、河骨

古川特命教授の立花ゼミで勉強してきました。

立花という伝統的な型のある様式です。何百年も立てられてきましたが、時代によって変化し続けています。今の感覚に合う立花を意図して立てました。型のある中で、どこまでを守りどこまで破れるのかを模索しています。

蓮の思い出

自由花 千日紅、ポリシャス、たましだ、撫子
自由花
千日紅、ポリシャス、たましだ、撫子

昨日見に行った蓮の印象を元に制作しました。

毎年不忍池に蓮を見に行っています。蓮はいけばなでは三世を表すといい、開花や開き葉が現在、蕾や巻き葉が未来、蓮肉や朽ち葉が過去を表現します。僕の大好きな花の一つです。いつ見ても美しくてうっとりします。

夏は草がちに

古典立花 薄、松、燕子花、鶏頭、檜扇、柘植、銀宝珠、夏はぜ、たましだ、撫子
古典立花
薄、松、燕子花、鶏頭、檜扇、柘植、銀宝珠、夏はぜ、たましだ、撫子

元禄時代に刊行された『新撰瓶花図彙』という作品集の中の絵図を参考に立てた一作です。猪飼三枝さんの作品を参考にしました。

古典の立花は木がちと言って、木を主体に立てることが多いです。けれども、夏は草がちに立てるとの教えがあります。夏は草が勢いよく伸びる季節で、その生命力を讃えるのです。また、夏場はいけばなに使える木物があまりないという事情もあります。

この作品はその教えの通り薄を真に立て、燕子花、桔梗、鶏頭、檜扇、銀宝珠、撫子と夏の草花を色とりどりに挿し交えています。様々な異なる姿の植物がお互いの個性をいかしながら調和するという立花の世界観をよく表した作品だと思います。