自己紹介 Profile

はじめまして。井上太市と申します。簡単に自己紹介をします。

1981年に福岡で生まれました。1999年に大学に入学し、そこでいけばなに出会います。僕は家族や知り合いがいけばなをやっていたわけではなく、もともとそういうものに興味があったわけでもなく、まったくの偶然です。何かサークルに入ろうと、いろいろなところに見学に行っているうちに、たまたまいけばなのサークルを見つけたのです。興味本位で体験稽古に行ったところなんとなく面白くて、そのまま居ついてしまいました。そこに教えに来てくださっていた小俣里風先生が僕の師です。

サークルの仲間のほとんどは大学を卒業するといけばなから遠のいてしまうのですが、僕は大学生活が人より長かった分、いけばなに接する時間も長くなり、いつの間にかのめり込んでいて卒業後も続けようと決めていました。働き始めてからも師の元に稽古に通い、また京都へもいけばな修業へ行くようになりました。

そうやって、いけばなを長くやっているうちに、いけばなを教えてほしいとか、花をいけてほしいと求められることがときどきありました。そこで思い切って自分で教室を開いてみることにしました。

師匠に相談して、稽古場を貸してもらえることになり、自分でホームページを作って生徒を募集しました。最初の生徒が来てくれたのが2011年の5月です。少しずつですが生徒も増え、今では自分の稽古場を構えていけばな教室を運営しています。

2015年には池坊全米特派講師に選ばれ、3ヶ月間アメリカやカナダの各地でいけばなの指導をしてきました。そして、2017年から池坊中央研修学院研究員の任を拝命し、本部講師として全国を回っていけばなの指導をしています。

思いかえすと、なんとなく行き当たりばったりでその場をやり過ごしているうちに、いつの間にかいけばなが生活の中心となっていました。今では毎日花をいけて暮らしています。

Nice to meet you. My name is Taichi Inoue. Let me briefly introduce myself.

I was born in Fukuoka, Japan in 1981.I entered university in 1999, where I first encountered ikebana. It was not because my family or acquaintances were ikebana practitioners, nor was I interested in ikebana in the first place. I was looking for a club to join, and while I was visiting various places, I happened to find an ikebana club. I went to a trial practice just out of curiosity and found it somewhat interesting, so I stayed. The instructor there, Rifu Omata, is my teacher.

Most of my club mates left ikebana after graduation. But since I was in university longer than others, I spent more time with ikebana. So I was hooked on it and decided to continue after graduation. After I started working, I continued to study with my teacher and also went to Kyoto for ikebana training.

After I had practiced ikebana for such a long time, I was sometimes asked to teach ikebana or to arrange flowers for others. So I decided to take the plunge and open my own ikebana studio.

I asked my teacher to help me rent her classroom, and I created a website to recruit students.The first student arrived in May 2011. Little by little, the number of students increased, and now I have my own classroom.

In 2015, I was selected as an Ikenobo America Special visiting professor and spent three months teaching ikebana in various places in the United States and Canada. Then, in 2017, I was appointed as a researcher at the Ikenobo Central Training Institute, where I travel around the country teaching ikebana as a headquarter instructor.

Looking back, I was just going through the motions in a somewhat haphazard way, and before I knew it, ikebana had become the center of my life. I now live with flowers every day.