覚書

丸谷才一『御礼言上書を書き直す』より

丸谷才一さんが文化勲章を受賞された際、御礼言上の役を勤めたそうです。そのことを書いた文章の一部を紹介します。 僕はこの人の文章が兎に角好きで、とっても上手いなあ …

覚書

『またたび浴びたタマ』より

村上春樹さんの回文尽くしの本『またたび浴びたタマ』より気にいった物を3つほどご紹介しましょう。 うらわでまいたはははとはははたいまでわらう 浦和で蒔いた、ははは …

覚書

コーラン

最初は読みとおせるか不安になるくらい退屈でしたが、馴染んでくるのでしょうか、次第に面白く感じるようになりました。特に印象深かった一章を引用しましょう。興味がある …

覚書

古事記

前々から読みたいと思っていた古事記をついに読みました。ほとんど意味がわからないので、眺めると言った方が正確ですが。最初の方は神話で、知っている話も出てきて楽しめ …

覚書

野球いろは歌留多

丸谷才一さんの『綾とりで天の川』という随筆集の中に「野球いろは歌留多」と題されたお話がありました。 題名のとおり、野球いろは歌留多を作るろうという趣向です。僕が …

覚書

サフラン

お気に入りの文章の紹介です。森鷗外の「サフラン」という随筆です。こんな文章を書けるようになるといいなあ。 名を聞いて人を知らぬと云うことが随分ある。人ばかりでは …