いけばな習作

水辺の風景を表現したいけばな

口の広い器を使って水辺の風景を表現したいけばなです。株を二つに分けることで、水面を目一杯使っています。二つの株の間を魚が通る道と見立てて、「魚道生け」という名が …

いけばな習作

いけばなの名人になりたい

僕はいけばなの名人になりたいのです。そのためにはたくさん稽古して、たくさん恋をして、たくさん遊ぶことが必要だと思います。 祖父君が大先生だった僕のいけばな友達は …

いけばな習作

燕子花一色に挑む

燕子花一色という立て方です。立花は通常様々な種類の植物を取り合わせます。例外として、7つの「一色物」があります。一色物とは、ある1つの植物を主体にして立てるやり …

いけばな習作

水辺の雰囲気

夏の水草を中心に取り合わせ、涼感を求めました。 真の俯いた蓮の葉がやがて来る秋の気配を暗示しています。