いけばな習作

自然に生育している姿とは違う見方

佐々木先生の自由花研究室にて制作した作品です。植物を違う角度から見ると思わぬ美しさを発見することがあります。この作品では蓮の葉を裏から見て、その葉脈の美しさに感 …

いけばな習作

秋野教室

京都へいけばな修行へ行ってきました。秋野教授の下、古典立花を勉強しています。 この作品は元禄11年(1698)に刊行された『新撰瓶花図彙』といういけばな作品集の …

花展など

2018年池坊中央研修学院祭

2018年池坊中央研修学院祭の出瓶作品です。当初はオレンジのラナンキュラスが咲き乱れる姿を立てていました。4日間の会期中に徐々にラナンキュラスが枯れていき、最終 …

いけばな習作

僕の情熱は赤なんて単純なものではない

古川特命教授の立花ゼミで勉強した作品です。 美しい色のばらに出会いました。内に秘めた仄暗い情熱を暗示しているようです。静かな、かつ燃えるような雰囲気が表現できた …

いけばな習作

型の中で遊ぶ

古川特命教授の立花ゼミで勉強した作品です。 立花正風体という型のある生け方です。型はその通りにやることで安定した美を生み出してくれる大変ありがたい存在です。一方 …

いけばな習作

大胆

古川特命教授の立花ゼミで立てた作品です。万作とばらの出会いが主題です。大胆でいい作品になりました。