いけばな習作

水仙の生花

水仙の生花は2本又は3本で生けることになっています。それぞれ本勝手と逆勝手があるので、計4通りの生け方があるわけです。そろそろ水仙の時期も終わりです。名残を惜し …

いけばな習作

好きな花

水仙は大好きな花の1つです。この季節はたくさん水仙がいけられて楽しいです。今日で仕事納めです。数日暇なのでひとりで花をいけます。

いけばな習作

名人の水仙をまねる

池坊の歴史の中で「専好」の名を持つ宗匠が3名いらっしゃいます。その中でも二代専好宗匠は史上屈指の名人として有名です。 この作品はその二代専好宗匠の作品を模したも …

いけばな習作

逆勝手の水仙

生花(しょうか)という様式には本勝手と逆勝手という2通りの向きがあります。これは逆勝手です。 水仙は葉が右回りに捻じれます。そのため一般的には本勝手の方が似合う …

いけばな習作

大住院以信さんの水仙

江戸時代に大住院以信という人がいました。池坊の高弟で相当の実力者でしたが、最終的に異端とされ破門されてしまいます。当時の正統的な池坊の花に比べると派手で動きが大 …

いけばな習作

いけ納め

水仙の生花には2本いけと3本いけがあります。今日は3本でいけてみました。葉が12枚、花が3本、計15本の線が全て重ならずにはっきりと見えるようにすることが美しく …