いけばな習作

山茱萸

山茱萸って読めますか。「さんしゅゆ」と読みます。これからの季節によくいけばなで使われます。かさかさした木肌がどこか侘びた感じをかもしだします。控えめな黄色い小花 …

花展など

量の迫力

2019年池坊中央研修学院祭、佐々木先生の自由花研究室で出瓶した作品です。 スイートピーが150本ぐらい入っています。ある程度の量があると迫力が出ますね。前々か …

花展など

第86回池坊東京連合支部いけばな池坊展

「第86回池坊東京連合支部いけばな池坊展」に出瓶しました。壁に掛ける自由花のコーナーです。春の新緑を思わせるような緑で構成しました。ゼラニウムの葉を縦に並べてい …

いけばな習作

ほとばしる

線を多用することで、水しぶきがほとばしるような、命の勢いを感じるような姿を狙いました。表情の違う様々な枝を交えることで変化をつけています。春になり命がいっせいに …

いけばな習作

パステルカラー

春らしいパステルカラーで立調してみました。

いけばな習作

副はずし

生花(しょうか)という様式の中の「副はずし」と呼ばれる形です。通常の生花は真・副・体という3つの部分から成り立ちます。この副はずしはその内の副を省略して真と体だ …