いけばな習作

大住院以信さんの水仙

江戸時代に大住院以信という人がいました。池坊の高弟で相当の実力者でしたが、最終的に異端とされ破門されてしまいます。当時の正統的な池坊の花に比べると派手で動きが大 …

いけばな習作

元禄の艶

元禄時代に刊行された『新撰瓶花図彙』と言う立花の作品集の中にある高田安立坊雲泰さんの作品を参考に立てました。 先日立てた、同じ『新撰瓶花図彙』の中の猪飼三枝さん …

いけばな習作

元禄時代の水仙一色

元禄時代に刊行された『新撰瓶花図彙』と言う立花の作品集の中にある猪飼三枝さんの作品を参考に立てました。 明治時代に『立華十九ヶ條』と言う伝がまとめられます。その …

いけばな習作

立華十九ヶ條より水仙一色の事

『立華十九ヶ條』の内、水仙一色という生け方です。水仙の様々な姿を捉え、一瓶にまとめます。 立花は通常様々な種類の植物を取り合わせますが、例外として、松、桜、紅葉 …

いけばな習作

今の蓮

古川特命教授の立花ゼミで勉強してきました。 立花という伝統的な型のある様式です。何百年も立てられてきましたが、時代によって変化し続けています。今の感覚に合う立花 …

いけばな習作

燕子花一色に挑む

燕子花一色という立て方です。立花は通常様々な種類の植物を取り合わせます。例外として、7つの「一色物」があります。一色物とは、ある1つの植物を主体にして立てるやり …