いけばな習作

春爛漫

春爛漫です。ラナンキュラスってかわいいですよね。

いけばな習作

のどか

真っ赤なグロリオサと淡い桜との対照が見所です。スチールグラスをなびかせて大きな空間をとり、春ののどかな雰囲気を表現しました。

いけばな習作

躍動感

連翹の特徴である垂れる枝を見せていけてみました。春になり命が勢いよく動いている雰囲気が出ているといいのですが。 『生花別伝』の中段流枝というスタイルになります。

いけばな習作

春といえば黄色

春って黄色い花が多いような気がします。気温でも色でも心を明るくしてくれる季節ですね。

いけばな習作

上巳

今日は上巳の節句ですね。そんなわけで桃を生けてみました。一口に桃と言っても一本一本その枝振りが違います。それぞれの枝の姿をよく見て、それをいかすわけです。

いけばな習作

山茱萸

山茱萸って読めますか。「さんしゅゆ」と読みます。これからの季節によくいけばなで使われます。かさかさした木肌がどこか侘びた感じをかもしだします。控えめな黄色い小花 …

いけばな習作

水仙の生花

水仙の生花は2本又は3本で生けることになっています。それぞれ本勝手と逆勝手があるので、計4通りの生け方があるわけです。そろそろ水仙の時期も終わりです。名残を惜し …

いけばな習作

おめでたい花

おめでたい花とされている万年青の生花です。

いけばな習作

梅は梅らしく

いけばなの中の「生花(しょうか)」という様式では「出生(しゅっしょう)」ということを大切にします。出生とは一言でいうと「らしさ」のことです。伝統的な生花には型が …

いけばな習作

自己ベスト

『新撰瓶花図彙』より高田安立坊雲泰さんの作品を参考に立てました。数ある水仙一色の絵図の中でこの作品が一番好きです。毎年この絵図を模写しています。 昨年よりも上達 …

いけばな習作

好きな花

水仙は大好きな花の1つです。この季節はたくさん水仙がいけられて楽しいです。今日で仕事納めです。数日暇なのでひとりで花をいけます。

いけばな習作

躍動するバラ

勢いあるバラの動きを捉えた立花新風体です。

いけばな習作

小さないけばな

小さくかわいらしく扱うと似合う植物もあります。そんな植物を使って、小さくかわいらしい作品をいけてみました。ちょっとした場所に飾れますね。

いけばな習作

水辺の風景を表現したいけばな

口の広い器を使って水辺の風景を表現したいけばなです。株を二つに分けることで、水面を目一杯使っています。二つの株の間を魚が通る道と見立てて、「魚道生け」という名が …

いけばな習作

自然に生育している姿とは違う見方

佐々木先生の自由花研究室にて制作した作品です。植物を違う角度から見ると思わぬ美しさを発見することがあります。この作品では蓮の葉を裏から見て、その葉脈の美しさに感 …

いけばな習作

もうすぐ夏

僕は夏が大好きです。もうすぐ夏が来ると思うとワクワクします。春から初夏への移りを表現しました。

いけばな習作

ほとばしる

線を多用することで、水しぶきがほとばしるような、命の勢いを感じるような姿を狙いました。表情の違う様々な枝を交えることで変化をつけています。春になり命がいっせいに …

いけばな習作

パステルカラー

春らしいパステルカラーで立調してみました。

いけばな習作

副はずし

生花(しょうか)という様式の中の「副はずし」と呼ばれる形です。通常の生花は真・副・体という3つの部分から成り立ちます。この副はずしはその内の副を省略して真と体だ …

いけばな習作

春の麗らかな光線

自然光で撮影すると色が美しく写ります。春の麗らかな光線の中でのいけばなです。柔らかい色合いで春の柔らかく楽しい雰囲気を表現しています。春になると草花の色も一気に …

いけばな習作

名人の水仙をまねる

池坊の歴史の中で「専好」の名を持つ宗匠が3名いらっしゃいます。その中でも二代専好宗匠は史上屈指の名人として有名です。 この作品はその二代専好宗匠の作品を模したも …

いけばな習作

逆勝手の水仙

生花(しょうか)という様式には本勝手と逆勝手という2通りの向きがあります。これは逆勝手です。 水仙は葉が右回りに捻じれます。そのため一般的には本勝手の方が似合う …

いけばな習作

大住院以信さんの水仙

江戸時代に大住院以信という人がいました。池坊の高弟で相当の実力者でしたが、最終的に異端とされ破門されてしまいます。当時の正統的な池坊の花に比べると派手で動きが大 …

いけばな習作

ラナンキュラスの顔

ラナンキュラスの顔の部分の美しさを主に立てました。横から見た姿を捉えて茎も葉も見せると自然に生えているように見えます。いけばなではそういう扱い方だけではなく、こ …

いけばな習作

野田里美さんの器

新宿伊勢丹で見つけた野田里美さんという方の器に花をいけました。濃い紺にも見えるような、深い黒。細かな横線が入っていることで陰影ができて、黒のベタ塗りとは違って軽 …

いけばな習作

咲き零れるバラ

先日いけたバラの余りをいけました。一輪のハッとするような美しさもいいですが、たくさんの花が咲き零れる様もまた良いものです。そんな雰囲気を素直にいけ表してみました …

いけばな習作

鮮烈なバラ

バラは僕が大好きな花の一つです。美しい姿のバラに出会ったので、それに水仙を合わせていけてみました。どちらも柔らかい感じの草物なので、硬く厳しい感じのする梅をあし …

いけばな習作

色とりどりのカーネーション

色とりどりのカーネーションを主役にいけました。スチールグラスで動きをつけて、カーネーションの舞台となるように構成しています。 カーネーションは今では年中花屋の店 …

いけばな習作

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。みなさまにとって今年一年が良き年でありますように。 赤い木瓜と白の水仙という紅白の組み合わ …

Scroll Up