燕子花の花の曲がりをいかす

燕子花の花の曲がりをいかす

生花正風体
燕子花、河骨

水辺の風景を表現した魚道生けといういけ方です。左右の株の間が見所で、そこを魚が通る道と見立てて「魚道生け」という名前がついています。暑い時期にひとときの涼を感じさせるいけばなです。燕子花の花の曲がりがうまくいかせたように思います。

Scroll Up