いずれあやめかかきつばた

いずれあやめかかきつばた

生花正風体
あやめ

どちらも優れていて優劣がつかないことを「いずれあやめかかきつばた」と表現することがあります。いけばなでは燕子花はよくいけられますが、あやめは花屋さんではまず手に入らないこともあり、あまりいける機会がありません。銀座にある野の花司という花屋さんであやめを手にいれたのでいけてみました。

花は燕子花に似ていますが、葉が燕子花よりずっと細くて、いけると随分雰囲気が違います。なかなかいける機会がないので、楽しかったです。

こちらが燕子花です。違いがわかりますか。

生花正風体
燕子花

同じあやめ科の植物で花菖蒲もいけばなではよく使われます。一般の方には燕子花、あやめ、花菖蒲は区別がつきにくいようですが、いけばなをやっている人は容易に見分けられます。

生花正風体
花菖蒲
Scroll Up