水辺の風景を表現したいけばな

生花正風体
燕子花、ふとい
生花正風体
燕子花、ふとい

口の広い器を使って水辺の風景を表現したいけばなです。株を二つに分けることで、水面を目一杯使っています。二つの株の間を魚が通る道と見立てて、「魚道生け」という名がついています。暑い日が続きますが、少しでも涼を感じていただけると幸いです。