死せる諸葛生ける仲達を走らす

※以前に別のブログで書いたものを記録用に写したものです。仮名遣ひが異なりますので慣れない方は若干読み辛いかも知れませんがご容赦下さい。

亮数ゝ挑懿戦。懿不出。乃遣持巾幗婦人之服。亮使者至懿軍。懿、問其寝食及事煩簡而不及戎事。使者曰、「諸葛公夙興、夜寐、罰二十以上、皆親覧。所噉食、不至数升。」懿告人曰、「食少事煩。其能久乎。」亮病篤。 有大星、亦而芒。墜亮営中。未幾亮卒。長史楊儀整軍、還。百姓奔告懿。懿追之。姜維令儀反旗鳴鼓、若将向懿。懿不敢逼。百姓為之諺曰「死諸葛、走生仲達」懿笑曰、「吾能科生、不能科死。」亮嘗推演兵法、作八陣図。至是懿案行其営塁、嘆曰、「天下奇材也。」

【大意】

亮は度々司馬懿(仲達)に戦ひを挑んだが、懿は出てこなかつた。亮は婦人物の頭巾と服を贈つた。亮の使者が懿の所に着くと、懿は戦の事には触れず、その寝食や職務の忙しさを尋ねた。使者は「諸葛公は朝早く起き夜は遅く寝ます。二十打以上の罰は自ら見てゐます。そして食べる量はわずかです。」と言つた。懿は人に告げて「食が細く、仕事は忙しい。もう長くはあるまい。」と言つた。亮は病が篤くなつた。

赤い光を放つ大きな星が亮の営中に堕ちた。間もなくして亮は死んだ。長史の楊儀は軍を整へすぐさま撤退を始めた。百姓は走り、このことを懿に告げた。懿はこれを追つた。姜維は旗を翻し、太鼓を鳴らし、今まさに懿に向かうかのやうに見せた。懿は敢へてそれ以上追わなかつた。このため百姓達の間では「死んだ諸葛が生きてゐる仲達を走らせた」と言はれた。懿は笑つて「私は生きたものの事はよく分かるが、死んでゐるものの事までは分からない。」と言つた。亮は嘗て兵法を推し進め、八陣図を作つた。懿は亮の陣に至つてその営塁を調べて周り、感嘆して言つた。「亮は天下の奇材である。」

【語注】

「数」 しばしば
「幗」 女性が頭を包む布
「戎」 戦争・つはもの
「夙」 早い、つとに
「親」 みづから
「噉」 くらう
「升」 升目の単位。当時の一升は今の一合ぐらゐ。
「芒」 ひかり
「奔」 はしる
「逼」 せまる
「走」 逃げる
「料」 はかる
「推」 おす、おし進める。 「推演」原理を推し進めて適用する。
「案」 調べる・考える。 「案行」調べてまはる。

【覚へ書き】

背景を知らないと少し分かりにくいかも知れません。

司馬懿(仲達)は魏軍の将軍、諸葛亮は蜀軍の軍師、楊儀、姜維は亮の配下です。この場面は蜀軍が魏に攻め入つてゐるところで、蜀軍は長征軍故に補給に不安を抱へてをり、司馬懿はそこをついて持久戦に持ち込もうとしてゐました。亮としては魏軍を引きずり出し、一気に決着をつけたいところですが、懿はなかなか動きません。そこで婦人物の頭巾と服を贈り男らしくないぞと挑発したのです。それに対し懿は蜀からの使者にそれとなく亮の日常の様子を尋ね、亮の先が長くないことを見抜き、挑発には乗らなかつたのです。

亮は果たして間もなく死に、蜀軍は撤退を開始します。懿は追撃にかかりますが、姜維はあたかも反転して応戦するかの如く見せたので、懿は亮が死んだといふのは欺くための計略かも知れないと考え、深入りするのをやめました。

民は是を「死んでいる諸葛を恐れて仲達が逃げた」とからかひました。また死しても猶威光を放つ孔明に敬意を表してゐるとも読めます。

日本では諸葛の部分を孔明とし「死せる孔明生ける仲達を走らす」といふ風に言はれることも多いやうですが、原文の「死諸葛走生仲達」は「葛」と「達」で韻を踏んでをり、孔明に置き換へるとその味わひは消えてしまひます。蜀軍が撤退した後、その陣地を調べた懿は、その見事さに感嘆し「素晴らしい人材であつた。」とつぶやいたのです。

「堺事件」より

お気に入りの文章の紹介です。森鴎外の「堺事件」の一節です。とても迫力のある文章だと思ひます。

 呼出の役人が「箕浦猪之吉」と読み上げた。寺の内外は水を打ったように鎮った。箕浦は黒羅紗の羽織に小袴を着して、切腹の座に着いた。介錯人馬場は三尺隔てて背後に立った。総裁宮以下の諸官に一礼した箕浦は、世話役の出す白木の四方を引き寄せて、短刀を右手に取った。忽ち雷のような声が響き渡った。
「フランス人共聴け。己は汝等のためには死なぬ。皇国のために死ぬる。日本男子の切腹を好く見て置け」と云ったのである。
箕浦は衣服をくつろげ、短刀を逆手に取って、左の脇腹へ深く突き立て、三寸切り下げ、右へ引き廻して、又三寸切り上げた。刃が深く入ったので、創口は広く開いた。箕浦は短刀を棄てて、右手を創に挿し込んで、大網を掴んで引き出しつつ、フランス人を睨み付けた。
馬場が刀を抜いて項を一刀切ったが、浅かった。
「馬場君。どうした。静かに遣れ」と、箕浦が叫んだ。
馬場の二の太刀は頸椎を断って、かっと音がした。
箕浦は又大声を放って、
「まだ死なんぞ、もっと切れ」と叫んだ。この声は今までより大きく、三丁位響いたのである。
初から箕浦の挙動を見ていたフランス公使は、次第に驚駭と畏怖とに襲われた。そして座席に安んぜなくなっていたのに、この意外に大きい声を、意外な時に聞いた公使は、とうとう立ち上がって、手足の措所に迷った。
馬場は三度目にようよう箕浦の首を墜した。

早明戦

今日は山中選手が爆発しましたね。長く早いパスを放れるため、外への展開が早く、BKラインで大幅にゲインする場面が何度も見られました。また自らもキックフェイントやステップで相手を華麗に翻弄し抜き去ります。外へ展開か自分で行くかの判断が非常によく、BKにボールがでると悉く効果的な攻撃となっていました。後半陣地が換わって相手が日差しを正面に受ける位置になると、前半は自陣での密集からのボールは殆ど確実にタッチに蹴りだしていたのをハイパントに切り替えたのも見事です。さらに相手のキック処理に難があると見ると、畳み掛けるように執拗にそこを狙い続け何度も好機を生み出しました。全てにおいて質の高いプレーを見せる様は天晴れです。

言うまでもないことですが、これだけのびのびとプレーできたのは、ひとえにFW陣の奮戦のお陰でしょう。明治の重戦車に一歩も怯むことなく、互角以上に渡り合いました。セットも安定し、密集からの球出しも非常に早かったです。SHの三井選手の密集への寄りの早さも見事でした。頼もしいFWに支えられ、必殺のBKで仕留めるという理想の展開で、早稲田ファンにとっては会心の試合だったと思います。

ただ、圧勝に酔いしれる中でも、どちらが勝つか最後までわからない痺れる様な早明戦を見たいという思いもあります。重戦車復活はいつのことになるのやら。

さて、対抗戦も終わりいよいよ大学選手権です。今年の最大の使命はなんといっても覇権奪回です。関東はいなくなりましたが、余計なことは考えず「荒ぶる」を歌うために一直線に進むのみです。

早稲田大学ラグビー蹴球部
http://www.wasedarugby.com/

完璧

※以前に別のブログで書いたものを記録用に写したものです。仮名遣ひが異なりますので慣れない方は若干読み辛いかも知れませんがご容赦下さい。

趙恵文王嘗得楚和氏璧。秦昭王請以十五城易之。欲不与畏秦強、欲与恐見欺。藺相如願奉璧往。城不入則臣請完璧而帰。既至。秦王無意償城。相如乃紿取璧。怒髪指冠、卻立柱下曰、「臣頭与璧倶砕。」遣従者懐璧間行先帰、身待命於秦。秦昭王賢而帰之。

【大意】

趙の王が持つてゐた璧を秦(当時の強国)の王が欲しがり、十五の城と交換しないかと持ちかけた。趙の王は断れば攻められるし、与へても城は貰へないだらうと恐れたが、藺相が璧を持つて行くと志願し、もし城が得られなければ璧を守つてみせると言った。秦王には城をやるつもりは無く、それを悟った藺相は怒って柱に歩み寄り「私の頭と璧を倶に叩きつけ粉々にしよう」と言つた。秦王はあまりの剣幕にこれを許し、璧は無事持ち帰られた。

【覚へ書き】

この「完璧而帰」といふところから完璧といふ言葉が生まれたそうです。完は「全うする、欠け目無く守り通す」といふ意です。璧は平らな輪の形をした玉で中央に穴が空いてゐるもので、今で言う宝石のやうなものです。

皆さんは「完璧」といふ字を完璧に書けるでせうか。恥ずかしながら、私は今日まで「完壁」だとばかり思ひ込んでゐました。この話を最初に読んだ時も、先入観から「璧」が「壁」に見へ、壁を欲しがるとは何事かと訳が分からなかつたのですが、語注や訳を読んでようやく納得しました。思ひ込みとは恐ろしいものですね。

百人一首

※以前に別のブログで書いたものを記録用に写したものです。仮名遣ひが異なりますので慣れない方は若干読み辛いかも知れませんがご容赦下さい。

おもしろく感じた歌と、それにまつわる簡単な覚へ書きを書き留めておきます。本の受け売りです。私が間違つて理解してゐることもあるかと思ひますので、興味を持たれた方はご自分でも調べてみることをお奨めします。

大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立

和泉式部保昌にぐして丹後国に侍りけるころ、都に歌合のありけるに、小式部内侍歌よみにとられて侍りけるを、中納言定頼つぼねのかたにまうできて、歌はいかがせさせ給ふ、丹後へ人は遣はしてけむや、使はまうでこずや、いかにも心もとなくおぼすらむ、などたはぶれて立けるを、ひきとどめてよめる
小式部

【覚え書き】

和歌にはしばしば詞書というものが付いてゐて、その歌が詠まれたときの状況などが説明してあります。この歌も詞書と併せて味はふとよくわかります。

まず人物の関係を整理すると、この歌の作者は小式部内侍といふ人で、当時歌の名手とされてゐた和泉式部の娘です。中納言定頼といふのも当時の歌の名手です。

詞書の大意は、和泉式部が夫の保昌に連れ添つて丹後国に赴いてゐたとき、都で歌合があり小式部内侍も詠み手に指名された、そこへ中納言定頼が来て、「歌はどうですか、丹後へ人を遣はしましたか、(丹後からの)使者はまだ来ないやうですが、心細いでせう。」などとからかつて、行かうとしたところを引き留めて読んだ、といふ風です。つまり、定頼は歌の名手と名高い母に代作を頼んだほうがいいのではないかと小式部を馬鹿にしたのです。そこですかさずこの歌を返しました。

「大江山」、「いく野」はいずれも地名で、都から母のゐる丹後の国への道すがらにあります。ここでは地名を並べることで遠く隔たつてゐるといふことを表してゐます。「まだふみも見ず」は「まだ踏みもみず」、つまりまだ踏み入れたことのない、と「まだ文も見ず」、つまり(母からの)文など見てゐない、といふ意味を掛けてゐます。「天の橋立」は地名で、丹後国にあります。母のゐる場所でせう。意味としては、大江山やいく野を越えていかなければならないほど遠く離れた天の橋立には私は踏み入つたこともなければ、そこからの文を貰つたこともありません、となります。

定頼は、お前には歌の才能がないからお母さんに代作を頼んだらどうだとからかつたのですが、それに対して見事に歌で返して見せたのです。

君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪は降りつつ
光孝天皇

【覚え書き】

意味は、君のために春の野に出て若菜をつんでゐると、その衣の袖に雪が降り積もつてゐた、といふやうなところです。技巧を凝らしたわけではありませんが、うららかな春の野、一面に広がる菜の花の淡い緑と黄色、そこにはらはらと振る白雪、なんとも美しい情景が浮かんでくるやうです。

吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしというふらむ   文屋康秀

【覚え書き】

意味は、ひとたび吹くと秋の草木はたちまち萎れてしまう、なるほど山風は荒いといふものももつともなことだ、といつたところです。自然の厳しさにしみじみと感じ入つてゐる様子がわかります。もちろんこれだけでも素晴らしい歌なのですが、最後に一つあつと驚く仕掛けが隠されてゐます。横書きだと気づきにくいですが、縦書きにして、漢字で書いてみて下さい。もうお気づきでせうか。

吹くからに秋の草木の萎るればむべ山風を荒らし(嵐)というらむ

さう、縦書きにすれば一目瞭然ですが、山風=嵐なのです。こうして字面でも遊んでゐるのです。意味の上でも、なるほど、山風は嵐とも言へるほどの激しさだ、といふ含みを持たせることになります。 よくもまあこんなことを考え付くなあと感心します。