完璧

※以前に別のブログで書いたものを記録用に写したものです。仮名遣ひが異なりますので慣れない方は若干読み辛いかも知れませんがご容赦下さい。

趙恵文王嘗得楚和氏璧。秦昭王請以十五城易之。欲不与畏秦強、欲与恐見欺。藺相如願奉璧往。城不入則臣請完璧而帰。既至。秦王無意償城。相如乃紿取璧。怒髪指冠、卻立柱下曰、「臣頭与璧倶砕。」遣従者懐璧間行先帰、身待命於秦。秦昭王賢而帰之。

【大意】

趙の王が持つてゐた璧を秦(当時の強国)の王が欲しがり、十五の城と交換しないかと持ちかけた。趙の王は断れば攻められるし、与へても城は貰へないだらうと恐れたが、藺相が璧を持つて行くと志願し、もし城が得られなければ璧を守つてみせると言った。秦王には城をやるつもりは無く、それを悟った藺相は怒って柱に歩み寄り「私の頭と璧を倶に叩きつけ粉々にしよう」と言つた。秦王はあまりの剣幕にこれを許し、璧は無事持ち帰られた。

【覚へ書き】

この「完璧而帰」といふところから完璧といふ言葉が生まれたそうです。完は「全うする、欠け目無く守り通す」といふ意です。璧は平らな輪の形をした玉で中央に穴が空いてゐるもので、今で言う宝石のやうなものです。

皆さんは「完璧」といふ字を完璧に書けるでせうか。恥ずかしながら、私は今日まで「完壁」だとばかり思ひ込んでゐました。この話を最初に読んだ時も、先入観から「璧」が「壁」に見へ、壁を欲しがるとは何事かと訳が分からなかつたのですが、語注や訳を読んでようやく納得しました。思ひ込みとは恐ろしいものですね。

百人一首

※以前に別のブログで書いたものを記録用に写したものです。仮名遣ひが異なりますので慣れない方は若干読み辛いかも知れませんがご容赦下さい。

おもしろく感じた歌と、それにまつわる簡単な覚へ書きを書き留めておきます。本の受け売りです。私が間違つて理解してゐることもあるかと思ひますので、興味を持たれた方はご自分でも調べてみることをお奨めします。

大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立

和泉式部保昌にぐして丹後国に侍りけるころ、都に歌合のありけるに、小式部内侍歌よみにとられて侍りけるを、中納言定頼つぼねのかたにまうできて、歌はいかがせさせ給ふ、丹後へ人は遣はしてけむや、使はまうでこずや、いかにも心もとなくおぼすらむ、などたはぶれて立けるを、ひきとどめてよめる
小式部

【覚え書き】

和歌にはしばしば詞書というものが付いてゐて、その歌が詠まれたときの状況などが説明してあります。この歌も詞書と併せて味はふとよくわかります。

まず人物の関係を整理すると、この歌の作者は小式部内侍といふ人で、当時歌の名手とされてゐた和泉式部の娘です。中納言定頼といふのも当時の歌の名手です。

詞書の大意は、和泉式部が夫の保昌に連れ添つて丹後国に赴いてゐたとき、都で歌合があり小式部内侍も詠み手に指名された、そこへ中納言定頼が来て、「歌はどうですか、丹後へ人を遣はしましたか、(丹後からの)使者はまだ来ないやうですが、心細いでせう。」などとからかつて、行かうとしたところを引き留めて読んだ、といふ風です。つまり、定頼は歌の名手と名高い母に代作を頼んだほうがいいのではないかと小式部を馬鹿にしたのです。そこですかさずこの歌を返しました。

「大江山」、「いく野」はいずれも地名で、都から母のゐる丹後の国への道すがらにあります。ここでは地名を並べることで遠く隔たつてゐるといふことを表してゐます。「まだふみも見ず」は「まだ踏みもみず」、つまりまだ踏み入れたことのない、と「まだ文も見ず」、つまり(母からの)文など見てゐない、といふ意味を掛けてゐます。「天の橋立」は地名で、丹後国にあります。母のゐる場所でせう。意味としては、大江山やいく野を越えていかなければならないほど遠く離れた天の橋立には私は踏み入つたこともなければ、そこからの文を貰つたこともありません、となります。

定頼は、お前には歌の才能がないからお母さんに代作を頼んだらどうだとからかつたのですが、それに対して見事に歌で返して見せたのです。

君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪は降りつつ
光孝天皇

【覚え書き】

意味は、君のために春の野に出て若菜をつんでゐると、その衣の袖に雪が降り積もつてゐた、といふやうなところです。技巧を凝らしたわけではありませんが、うららかな春の野、一面に広がる菜の花の淡い緑と黄色、そこにはらはらと振る白雪、なんとも美しい情景が浮かんでくるやうです。

吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしというふらむ   文屋康秀

【覚え書き】

意味は、ひとたび吹くと秋の草木はたちまち萎れてしまう、なるほど山風は荒いといふものももつともなことだ、といつたところです。自然の厳しさにしみじみと感じ入つてゐる様子がわかります。もちろんこれだけでも素晴らしい歌なのですが、最後に一つあつと驚く仕掛けが隠されてゐます。横書きだと気づきにくいですが、縦書きにして、漢字で書いてみて下さい。もうお気づきでせうか。

吹くからに秋の草木の萎るればむべ山風を荒らし(嵐)というらむ

さう、縦書きにすれば一目瞭然ですが、山風=嵐なのです。こうして字面でも遊んでゐるのです。意味の上でも、なるほど、山風は嵐とも言へるほどの激しさだ、といふ含みを持たせることになります。 よくもまあこんなことを考え付くなあと感心します。

早慶戦

今年も伝統の一戦、早慶戦の季節です。昨年は慶応が復活の兆しを見せました。ところが、今季の慶応は監督が替わったこともあってか絶不調のようです。しかし、早慶戦、早明戦は相手は全く別のチームになると言われています。今年も熱戦を期待して秩父宮に足を運びました。

ところが、試合は終始早稲田ペースで進みます。FWは完全に圧倒し、接点でボールを確実に支配します。そこから安定して供給されるボールをBKが縦横無尽に展開し、トライを量産しました。守っても、何度か危ない場面はありましたが、見事に零封し完全勝利です。

この試合で特に印象に残ったのはBK陣です。今季のBK陣はスターバックスと呼ばれた昨季のメンバーが殆ど抜け、名前だけ見ると見劣りするかと思われましたが、個人の才能に頼りがちに見えた昨季よりも却って魅力的かも知れません。受け手がいい角度で入ってきて、パスを受けながらDFの間際をすれ違いに一気に抜き去るようなプレーが多く見られました。そして昨季から唯一残った五郎丸選手も益々力強さを増しています。上述したような組み立てて突破する攻撃に加え、彼はボールを持ってDFを二、三人は引き摺りながら縦に突破できるので、攻撃に厚みが加わります。それから、キング曽我部の後を継いだ一年生SO山中選手も、曽我部ばりの長いパスを披露し、時には自らも仕掛けて、またしっかりとタックルにも入りと活躍していました。私見では昨季よりも強く激しいFW陣にこのBKと頼もしい限りです。

最後に、早稲田贔屓の私としては勝ったのは勿論嬉しいのですが、贅沢を言えば強い相手との激戦を制しての勝利を見たいものです。特に伝統ある早慶戦、早明戦はそうあって欲しいものです。次週の早明戦はどんな戦いとなるのでしょうか。楽しみです。

早稲田大学ラグビー蹴球部
http://www.wasedarugby.com/

帰国

インドから無事帰国しました。疲れましたが、非常にいい経験をしたと思います。折々写真などを載せていきたいと思います。

荷造り

明日から先生のお供でインドへ行ってきます。昨晩はそのための荷造りをしました。私は普段は殆ど荷物を持たない性質で、服装にも構わないため、どこかに泊まりでいくにも替えの下着と、着替えを少々程度のとても少ない荷物で出かけます。ところが今回は、工具だったり着物やスーツだったりと、普通の旅行ではいらないようなものが沢山あり、意外と大荷物になりそうです。荷物嫌いの私としては憂鬱な気分になりますが、まあ好きで行くわけでもないので仕様がありません。