ラグビーワールドカップ2011 – 準々決勝

いよいよ決勝トーナメントがはじまりました。2日間にわたり4試合観戦しました。

ここまでくると実力が拮抗しており、大番狂わせとまでは言えないのですが、予選プール2位通過のチームが3チーム勝ち抜け。意外な結果と言えるでしょう。

僕が特に面白く感じたのはウェールズとアイルランドの試合です。どちらも様式美とでも言いますか、自分たちの型を持っています。チームが一つの意思を持っているようです。両チームともタックルにバシッと入るのも好きです。話は少しそれますが、なんとなく日本代表が手本にすべきはこの2チームのような気がしました。(例えばオールブラックスを日本代表が真似したとしてどうなるでしょうか?)

前回大会の決勝を戦った南アフリカ、イングランドは共にベスト8で敗退です。個人的にジョニーウィルキンソンが好きなので、おそらく最後のワールドカップがここでもう終わってしまったのは少し残念です。

オールブラックスは、流石に予選プールのように圧勝とはいきませんが、やはり強いですね。最初から無理にトライを取りにはいかずにPGで着実に点数を積み上げ、かつ攻撃の手は緩めずに徐々に相手にダメージを与え、最後は一気に仕留める。盤石の試合運びでした。

ただし、ダン・カーターに続いてスレイドも怪我で失い、FBのムリアイナも駄目だそうで、主力が次々と怪我で離脱しています。キャプテンのマコウも怪我を抱えながらの出場で、このあたりが後2試合不安材料ですね。

ちなみに、2人のSOの怪我でお鉢が回ってきたクルーデン選手は2年前に日本で開催されたU20世界ラグビー選手権で主将としてチームを牽引し優勝しています。もちろん抜群に上手く目を引く選手でしたが、当時は線が細く(今でも十分小柄ですが)、こういう選手はオールブラックスまで行けるのかなあと思っていましたが、ちゃんと昇ってきましたね。知っている選手が活躍するのは嬉しいです。

とりとめもなく書きましたが、総じてとても面白かったです。ベスト4も楽しみな組み合わせとなりました。

中研 専門B 第三期

初日

自由花 七竃、秋明菊、クロトン、レッドウィロー
自由花
七竃、秋明菊、クロトン、レッドウィロー

あっという間に第三期が始まりました。今日は自由花で、レリーフまたはモビールです。僕はレリーフを選択しました。

レリーフとは元は浮き彫りのことで、その構成をいけばなに取り入れたものです。

秋のどこまでも高い青空をイメージし、そこに豊穣な秋の様々な相(実り、花、色)を配しました。特に感動の出発点である七竃の枝の動きを強調するため、レッドウィローで方向性を示しました。

手直しでは左の黒っぽいクロトンの葉を縦に遣っていたのを全体の動きに合わせ横にしていただきました。そもそも、生の葉を貼付けるのは見た感じでやや無理があるので、遣うとしたら押し葉がよいとのことです。確かに、水が行っていないと痛々しい感じがするかも知れませんね。僕は実際に飾る花と、瞬間だけの花とは区別していけているので、まあいいかと思っていたのですが、見る人がなにか引っかかるようなものは考える必要があります。

色合い、構成ともに上手くいったと思うのですが、後一歩何かが足りないような気がします。ここのところずっとそれを探しています。あるいは生の葉を平気で(もちろん自分なりには悩んだ上でのことですが)貼付けてしまうあたりに、何かがあるような気もします。

 

3日目

立花正風体 風船唐綿、ベッセラ、レッドウィロー、シーグレープ、ヘレコニア、秋明菊、かなめ、クロトン、セイロンライティア、玉羊歯
立花正風体
風船唐綿、ベッセラ、レッドウィロー、シーグレープ、ヘレコニア、秋明菊、かなめ、クロトン、セイロンライティア、玉羊歯

今日は立花です。正風体で今日的表現です。これは近年力を入れて取り組んでいるので、大分よくなってきました。今日も楽しく立てられました。自分が楽しめたときはいい花になります。

4日目

立花新風体 木瓜、縞ふとい、アンスリウム、ベッセラ、ヘレコニア、柏葉ゴム、柾、セイロンライティア、風船唐綿、アイビー、玉羊歯
立花新風体
木瓜、縞ふとい、アンスリウム、ベッセラ、ヘレコニア、柏葉ゴム、柾、セイロンライティア、風船唐綿、アイビー、玉羊歯

今日は立花新風体です。立花の中でも型がない様式になります。

木瓜の花一輪に魅せられて、それを主としました。相手役の用には、当初は柏葉ゴムを選んだのですが、ほっそりと美しい縞ふといがよく合い、結果としてその出会いによる作品となりました。花材に引っ張られて満足いく作品ができました。

 

ラグビーワールドカップ2011 – 予選プール 日本vsカナダ

日本 23-23 カナダ

W杯で勝つということはこんなにも難しいことなのでしょうか。4年前に引き続き引き分けです。試合を振り返るとうまくいけば勝てそうでもありましたし、これが実力なのかと素直に認めざるを得ないような気もします。いい部分もありましたが、駄目なところもありました。

これで日本代表のW杯は終戦です。勝ちが見たかったです。残念無念。

選手たちは本当にお疲れさまでした。

次のW杯に向けて、ラグビー界一丸となって強い日本代表を作っていきたいですね。僕は応援することしかできませんが、沢山試合を見に行きます。

今は虚脱感でいっぱいですが、とりあえず残りは純粋にラグビーワールドカップを楽しみたいと思います。

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

随分久しぶりの歌舞伎見物です。演目は次の通りです。

沓手鳥孤城落月

三代目中村又五郎 四代目中村歌昇 襲名披露 口上
菅原伝授手習鑑 車引
増補双級巴 石川五右衛門

華やかな舞台にとっくりと見得の決まる車引も見事でしたが、なんといっても石川五右衛門です。けれんみ溢れる舞台に目が釘付けでわくわくしっぱなしです。特に宙乗りの場面は恰好良かったなあ。染五郎は男前ですね。

余談ですが、前の列の席に松たか子さんがいました(多分本人です)。お兄さんの舞台を見に来ていたんですね。

ラグビーワールドカップ2011 – 予選プール 日本vsトンガ

日本 18-31 トンガ

がっかりです。最初のプレーでガツンとやられて、そのままずるずると最後までやられた感じです。個々人は一生懸命プレーしていたと思います。ただ、チームとして対応できませんでした。パニックに陥ったままでした。あれだけブレイクダウンで劣勢なら当初のゲームプランを捨てることも一つの決断だったでしょう。

トンガは本番では豹変しますね。これがワールドカップなのでしょう。勝てるだろうと思っていましたが、やっぱりワールドカップで勝つということがいかに難しいかを痛感させられました。

次のカナダはこのトンガに勝ったということは相当力があるということです。厳しい戦いになりますが、なんとか20年ぶりのワールドカップでの勝利をもぎ取ってほしいです。