2009年7月18日~23日

友人のイラストレーターさんと鞄作家さんの二人展の会場に花をいけさせてもらいました。

神楽坂にある「ラ・ロンダジル」という素敵な場所での展示です。

ラ・ロンダジル

友人の小林さんは学生時代のいけばなサークルの同期です。当時から絵を描くことが大好きで、花展の看板やポスターなんかをよく描いてもらっていました。稽古の後、いけた作品を毎回デッサンしていましたが、そのときにちょっとしたコツを教えてもらったこともあり、それは今でも生きています。

それからこれは余談ですが、僕にまだ髪の毛があったころ、何度か髪を切ってもらったこともあります。すごくいい感じに仕上げてもらいました。当時自分の髪も自分で切っていると言っていました。手先が器用なんですね。

僕は当時からの彼女の絵が大好きで、今こうして活躍している姿をとても嬉しく、少し羨ましく、また沢山刺激を受けながら眺めているのです。

彼女から時折こぼれる言葉は鋭く、的確で、いい着想を沢山得ました。 お陰で素敵な花が入ったのではないかと思っています。とても楽しめました。いい機会をくれた友人に感謝しています。またなにかあれば一緒にやりたいです。

画帳小林

ハンドメイドバッグ Stroll