燕子花一色に挑む

立花正風体 燕子花、銀宝珠、檜扇、オクロレウカ、著莪
立花正風体
燕子花、銀宝珠、檜扇、オクロレウカ、著莪

燕子花一色という立て方です。立花は通常様々な種類の植物を取り合わせます。例外として、7つの「一色物」があります。一色物とは、ある1つの植物を主体にして立てるやり方です。松、桜、紅葉、燕子花、蓮、菊、水仙の7つです。『立花十九ヶ條』という伝花の中にこの7つの一色物が入っています。

古くは江戸時代の初期に立てられた絵図も残っています。数百年に渡り、燕子花の様々な美を追い求めてきたわけです。長い年月を経て型が出来上がりました。様々な約束事があるのです。ただし、一口に燕子花一色と言ってもずっと同じ型を寸分たがわず伝承してきたわけではありません。時代によって、その捉え方も表現方法も違います。

『立花十九ヶ條』はそれまでの伝承を、明治時代に整理した物です。細かな約束事が多く、それだけ緻密とも言えますが、一方で決まりにがんじがらめになっているようにも感じられます。

この作品は、『立花十九ヶ條』の燕子花一色の決まりからは逸脱している部分もあります。僕なりに今の感覚に合う燕子花一色を模索した習作です。固い考えの先生からは決まりを破っていると批判されるかもしれませんが、僕は花は常に変わっていくものだと思っています。

いけばなは遺産ではなく文化です。遺産は、それをそのまま保存することが至上命題です。万が一遺産に手を加えてそれを変えてしまったら、その遺産の価値は無くなります。一方で文化は、その時代その時代の最先端の集積です。例えばファッションだったり音楽だったりは時代に応じて当たり前に変わっていきます。いけばなもそうなのです。僕は下手糞なりに今の花を追い求めています。

謹賀新年

立花正風体 竹、水仙、ばら、ポインセチア、松、若松、木瓜、寒菊
立花正風体
竹、水仙、ばら、ポインセチア、松、若松、木瓜、寒菊

あけましておめでとうございます。皆様にとって今年1年が竹のように健やかな年となりますよう願って立てました。本年もどうぞよろしくお願いします。

型の中で遊ぶ

立花正風体 竹著莪、水仙、つるうめもどき、シーグレープ、寒菊、著莪、檜
立花正風体
竹著莪、水仙、つるうめもどき、シーグレープ、寒菊、著莪、檜

古川特命教授の立花ゼミで勉強した作品です。

立花正風体という型のある生け方です。型はその通りにやることで安定した美を生み出してくれる大変ありがたい存在です。一方で、型通りでは面白みのない花になります。型の中でどれだけ遊んで、魅力ある花にできるかを模索しています。これは割と気に入った作品です。

弾むつるうめもどき

立花正風体 つるうめもどき、燕子花、オクロレウカ、ポトス
立花正風体
つるうめもどき、燕子花、オクロレウカ、ポトス

秋野先生の古典立花研究室で立てた花です。中村亮一先生のデッサンを参考にしています。つるうめの動きが美しいですね。池坊会館の1階ロビーに飾っていただきました。

立花正風体 モンステラ、錦木、つるうめもどき、サンダーソニア、小菊、琵琶、若松

立花正風体 モンステラ、錦木、つるうめもどき、サンダーソニア、小菊、琵琶、若松
立花正風体
モンステラ、錦木、つるうめもどき、サンダーソニア、小菊、琵琶、若松

仄かに色づいたモンステラを真に立調しました。青々とした葉や真っ赤に紅葉した葉をつけた錦木に惹かれ、昇り胴下段大遣いの扱いにしています。昇り胴と言うのは、中心部を目立たないようにして、外側の枝を引き立てるというのが通常の考え方ですが、作品が小型化した現在、ここを一つの見せ場と考えることもいいのかと思い試みました。控えに大きく張り出した錦木に対して、見越しのつるうめもどきを思い切り働かせて釣合を取っています。見越しによってできた大らかな陰方の空間にひっそりと咲くサンダーソニアも可愛らしく入ったのではないでしょうか。

様々な姿を持つ植物を取り合わせて、それを一瓶の内に調和させるというのが立花の大切な考え方です。今作ではそれが上手くいったような気がします。楽しく立てられました。