READ MORE

マーロウさん

レイモンド・チャンドラーさんの書く小説の主人公、ハードボイルド探偵のフィリップ・マーロウさんの台詞です。 If […]

READ MORE

『輝く日の宮』から

丸谷才一さんの『輝く日の宮』というお話の中から愉快な場面を紹介します。とっても面白いのでぜひ読んでみてください […]

READ MORE

私の駄目な

山口瞳さんの『私の駄目な』と題されたお話に、いけばなのことが書かれていました。その部分をちょっと引用してみまし […]

READ MORE

コーラン

最初は読みとおせるか不安になるくらい退屈でしたが、馴染んでくるのでしょうか、次第に面白く感じるようになりました […]

READ MORE

古事記

前々から読みたいと思っていた古事記をついに読みました。ほとんど意味がわからないので、眺めると言った方が正確です […]

READ MORE

野球いろは歌留多

丸谷才一さんの『綾とりで天の川』という随筆集の中に「野球いろは歌留多」と題されたお話がありました。 題名のとお […]

READ MORE

サフラン

お気に入りの文章の紹介です。森鷗外の「サフラン」という随筆です。こんな文章を書けるようになるといいなあ。 名を […]

READ MORE

たくましきボイラー

「逞しい」という漢字が分からなかったので辞典を引いていると、隣にある「たくましきボイラー」という文字が目に飛び […]

READ MORE

「いく」と「ゆく」

「行く」を「いく」と読むか「ゆく」と読むかずっと曖昧だったのですが、先日ふと広辞苑を引くと、両方とも載っていた […]

READ MORE

「夜のくもざる」より

久しぶりにお気に入りの文章の紹介です。村上春樹の短篇小説集「夜のくもざる」より「もしょもしょ」というお話です。 […]

READ MORE

「あるいは」に纏わる書付

自分の備忘のために書き付けておきます。 漢文では「或人曰」という形がよく出てきます。これは省略され「或曰」と書 […]

READ MORE

四面楚歌

「四面楚歌」の出典です。 項王軍壁垓下。兵少食尽。漢軍及諸侯兵囲之数重。夜聞漢軍四面皆楚歌、項王乃大驚曰、「漢 […]

READ MORE

鴻門の会 その3

前回の続きです。 項王未有以応。曰、「坐。」樊噲従良坐。坐須臾、沛公起如厠、因招樊噲出。沛公已出。項王、使都尉 […]

READ MORE

鴻門の会 その2

前回の続きです。 於是張良至軍門、見樊噲。樊噲曰、「今日之事何如。」良曰、「甚急。今者項荘抜剣舞。其意常在沛公 […]

READ MORE

鴻門の会 その1

「史記」より、有名な「鴻門の会」の場面です。長いので何回かに分けて掲載します。 沛公、旦日従、百余騎、来見項王 […]