鴻門の会 その2

前回の続きです。

於是張良至軍門、見樊噲。樊噲曰、「今日之事何如。」良曰、「甚急。今者項荘抜剣舞。其意常在沛公也。」噲曰、「此迫矣。臣請、入与之同命。」噲即帯剣擁盾入軍門。交戟之衛士、欲止不内。樊噲側其盾、以撞衛士仆地。噲遂入、披帷西嚮立、瞋目視項王。頭髪上指、目眦尽裂。項王按剣而跽曰、「客何為者。」張良曰、「沛公之参乗、樊噲者也。」項王曰、「壮士。賜之巵酒。」則与斗巵酒。噲拝謝起、立而飲之。項王曰、「賜之彘肩。」則与一生彘肩。樊噲覆其盾於地、加彘肩上、抜剣、切而啗之。

項王曰、「壮士。能復飲乎。」樊噲曰、「臣死且不避。巵酒安足辞。夫秦王虎狼之心。殺人如不能挙、刑人如恐不勝。天下皆叛之。懐王与諸将約曰、『先破秦入咸陽者王之。』今沛公先破秦入咸陽、毫毛不敢有所近。封閉宮室、還軍覇上、以待大王来。故遣将守関者、備他盗出入与非常也。労苦而功高如此、未有封侯之賞、而聴細説、欲誅有功之人。此亡秦之続耳。窃為大王不取也。」

【大意】

ここにおいて、張良は樊噲に会った。樊噲は「今日の会談はどうだ。」と言った。張良は言った、「甚だ急である。今、項荘は剣を抜き舞い、その意は常に沛公に向けられている。」樊噲は言った、「此れは差し迫ったことだ。私は中に入り、沛公と命を共にしたい。」樊噲はすぐに剣を帯び、盾を擁して軍門に入った。衛士がほこを交差させて、入るのを止めようとした。樊噲は盾を立て、それで衛士を突いてたおした。樊噲は遂に中に入り、帷をひらいて、西向きに立ち、目をいからせて項王を見た。頭髪は上を指し、まなじりは裂けんばかりであった。項王は剣をおさえ、ひざまづいて言った。「客人は何者であるか。」張良は言った、「沛公の参乗、樊噲という者です。」項王は言った。「壮士である。酒を与えよ。」すぐに一斗の酒が出された。樊噲は礼を述べ立ちあがって、これを飲んだ。項王は言った、「豚の肩肉を与えよ。」すぐに生の豚の肩肉が出された。樊噲は盾を覆して地面に置き、その上に豚の肩肉を載せ、剣を抜き、それを切って食らった。

項王は言った。「壮士である。まだ飲めるか。」樊噲は言った。「私は死すら避けません。どうして酒を辞退しましょうか。秦王は虎や狼の心を持っています。どれだけ人を殺したか挙げることもできず、人を刑するのをやりきれないほどです。人々は皆秦王に叛きました。懐王は諸将と約束して『先に秦を破り咸陽に入ったものをその王とする。』と言いました。今、沛公は先に秦を破り咸陽に入りましたが、少しもそこを領有しようという気はありません。宮室を閉鎖し、覇上に軍を還し、大王の来るのを待っていました。将を関中に遣わしたのは、盗人と非常時に備えるためです。労苦し、功績高いのはこのとおりですが、未だに報償がないばかりか、とるにたらない讒言をうけいれ、功の有る人を誅しようとしています。これでは亡び行く秦と同じです。恐れながら、大王のとるべき道ではないかと思います。」

【語注】

「戟」ほこ
「撞」つく
「披」ひらく
「帷」とばり
「瞋」いからす
「眦」まなじり
「按」おさえる
「跽」ひざまづく
「巵」さかずき
「彘」いのこ、豚
「啗」食らう
「且」~すらかつ、~でさえも
「勝」たえる。「不勝」やりつくせない。
「窃」ひそかに、私見を述べる場合の謙遜の言葉