鴻門の会 その1

「史記」より、有名な「鴻門の会」の場面です。長いので何回かに分けて掲載します。

沛公、旦日従、百余騎、来見項王、至鴻門。謝曰、「臣与将軍戮力而攻秦。将軍戦河北、臣戦河南。然不自意、能先入関破秦、得復見将軍於此。今者有小人之言、令将軍与臣有郤。」項王曰、「此沛公左馬司曹無傷言之。不然、籍何以至此。」項王即日、因留沛公与飲。

項王・項伯、東嚮坐、亜父南嚮坐。亜父者、范増也。沛公北嚮坐、張良西嚮侍。范増数々目項王、挙所佩玉玦、以示之者三。項王黙然不応。范増起、出召項荘謂曰、「君王為人不忍。若入前為寿、寿畢、請以剣舞、因撃沛公於座殺之。不者、若属皆且為所虜。」荘則入為寿。寿畢曰、「君王、与沛公飲。軍中無以為楽。請、以剣舞。」項王曰、「諾。」項荘抜剣起舞。項伯亦抜剣起舞、常以身翼蔽沛公。荘不得撃。

【大意】

沛公は翌日百余騎を従えて項王に会うために鴻門へ来た。謝罪して、「私と将軍とは力を合わせて秦を攻めていました。将軍は河北、私は河南で戦っていました。まさか先に関中に入り秦を破り、此処で将軍に再びお会いできるとは思ってもみませんでした。今小人の讒言があり、将軍と私とを仲たがいさせようとしています。」と言った。項王は言った。「これは沛公の左馬司である曹無傷の言である。そうでなければ何故私がここへ来ようか。」項王は即日沛公を留め、共に飲んだ。

項王・項伯は東向きに座り、亜父は南向きに座った。亜父とは范増のことである。沛公は北向きに座り、張良は西向きに座った。范増はしばしば項王に目配せし、身に付けている玉玦を三度示した。項王は黙ったままでこれに応じなかった。范増は立ち上がり、項荘を召して言った。「王の人となりは残虐なことを為すのに耐えられない。沛公の前に進み出て、長寿のお祝いをし、それが終わったら剣舞を舞うことを請い、それに乗じて沛公を殺してしまえ。」項荘はすぐに沛公の前に行き、長寿のお祝いをした。そして、それが終わると「王は沛公と酒を飲み交わされています。軍中のことゆえ何も楽しみがありません。そこで私が剣舞を舞うことをお許し下さい。」と言った。項王は「よし。」と答えた。項荘は立って剣を抜き舞い始めた。項伯もまた剣舞を始め、常に身をもって沛公をかばった。項荘は沛公を撃つことができなかった。

【語注】

「戮」あわせる
「郤」くぼみ、すきま 「有郤」すきまがある、仲たがいする
「籍」項羽の本名
「嚮」向かう
「亜」第二位である 「亜父」父に次ぐ大事な人
「数」しばしば
「佩」おびる、はく
「玦」おびだまの一つ。「決」と音が通じるため、相手に決断を促すしるしとして玦を見せる習慣があった。
「寿」長命の祝い
「畢」終わる
「翼」たすける、かばう
「蔽」おおう

【覚書】

秦の後の覇権を争った項羽と劉邦のお話です。ここに出てくる沛公が後の劉邦です。

当時の状況を整理しておきます。楚の懐王は関中を先に平定したものをそこの王とすることを諸将に約束していました。沛公は懐王の命で関中に進軍し、秦を破ります。先を越された項羽は激怒し、沛公を攻めようとします。彼我の戦力の差は明らかで、今項羽に攻め入られると沛公はひとたまりもないという状況でした。

沛公の軍には客将として張良という人物がいました。項羽の伯父の項伯はこの張良と知己で、恩もあったことから、密かにこのことを告げ脱走を勧めます。しかし張良はそれを拒み沛公に報告します。沛公は張良に頼み、項伯に会い、和解を申し入れます。項伯は了承し、項羽に会うように言いました。こうしてこの「鴻門の会」に至ったというわけです。