立華十九ヶ條より水仙一色の事

立花正風体 水仙、金盞花、著莪
立花正風体
水仙、金盞花、著莪

『立華十九ヶ條』の内、水仙一色という生け方です。水仙の様々な姿を捉え、一瓶にまとめます。

立花は通常様々な種類の植物を取り合わせますが、例外として、松、桜、紅葉、燕子花、蓮、菊、水仙7つの「一色物」があります。一色物とは、ある1つの植物を主体にして立てるやり方です。

一口に「水仙一色」と言っても時代により随分と雰囲気が違います。この作品はいわゆる明治立花と呼ばれるスタイルで立てました。明治期の立花は重厚で力強い雰囲気です。僕はもっと軽い感じが好きなのですが、これはこれで迫力があっていいと思います。

稽古という面から言うと、少ない数でできるようになるためにはまずは多く入れる事を稽古するとよいとされています。ですから毎年これを1回はやるようにしています。水仙の扱いの全てが入っており、いい訓練になるのです。