中研 専門B 第三期

初日

自由花 七竃、秋明菊、クロトン、レッドウィロー
自由花
七竃、秋明菊、クロトン、レッドウィロー

あっという間に第三期が始まりました。今日は自由花で、レリーフまたはモビールです。僕はレリーフを選択しました。

レリーフとは元は浮き彫りのことで、その構成をいけばなに取り入れたものです。

秋のどこまでも高い青空をイメージし、そこに豊穣な秋の様々な相(実り、花、色)を配しました。特に感動の出発点である七竃の枝の動きを強調するため、レッドウィローで方向性を示しました。

手直しでは左の黒っぽいクロトンの葉を縦に遣っていたのを全体の動きに合わせ横にしていただきました。そもそも、生の葉を貼付けるのは見た感じでやや無理があるので、遣うとしたら押し葉がよいとのことです。確かに、水が行っていないと痛々しい感じがするかも知れませんね。僕は実際に飾る花と、瞬間だけの花とは区別していけているので、まあいいかと思っていたのですが、見る人がなにか引っかかるようなものは考える必要があります。

色合い、構成ともに上手くいったと思うのですが、後一歩何かが足りないような気がします。ここのところずっとそれを探しています。あるいは生の葉を平気で(もちろん自分なりには悩んだ上でのことですが)貼付けてしまうあたりに、何かがあるような気もします。

 

3日目

立花正風体 風船唐綿、ベッセラ、レッドウィロー、シーグレープ、ヘレコニア、秋明菊、かなめ、クロトン、セイロンライティア、玉羊歯
立花正風体
風船唐綿、ベッセラ、レッドウィロー、シーグレープ、ヘレコニア、秋明菊、かなめ、クロトン、セイロンライティア、玉羊歯

今日は立花です。正風体で今日的表現です。これは近年力を入れて取り組んでいるので、大分よくなってきました。今日も楽しく立てられました。自分が楽しめたときはいい花になります。

4日目

立花新風体 木瓜、縞ふとい、アンスリウム、ベッセラ、ヘレコニア、柏葉ゴム、柾、セイロンライティア、風船唐綿、アイビー、玉羊歯
立花新風体
木瓜、縞ふとい、アンスリウム、ベッセラ、ヘレコニア、柏葉ゴム、柾、セイロンライティア、風船唐綿、アイビー、玉羊歯

今日は立花新風体です。立花の中でも型がない様式になります。

木瓜の花一輪に魅せられて、それを主としました。相手役の用には、当初は柏葉ゴムを選んだのですが、ほっそりと美しい縞ふといがよく合い、結果としてその出会いによる作品となりました。花材に引っ張られて満足いく作品ができました。