古典立花 水仙、金盞花、著莪

水仙一色(立花之次第九拾三瓶有26図)

古典立花 水仙、金盞花、著莪

古典立花
水仙、金盞花、著莪

32世池坊専好宗匠の作品図を参考に立てました。重要文化財になっている『立花之次第九拾三瓶有』の中の26図です。昨日までやっていた元禄時代よりさらに100年ほど前の寛永時代の作品です。比較すると、葉数がより少なく、葉の動きも素直で素朴な雰囲気があります。これもまた好きです。